TOP > ニュース 一覧

“突然変異体”ビルダー、幼少からの“激変ビフォーアフター”に「一途な努力の結果」と驚愕の声

フォロー 友だち追加
2024/01/05(金)UP

世界的人気の米国人ボディビルダー、“突然変異体”ことニック・ウォーカー

 世界的人気の米国人ボディビルダー、“突然変異体”ことニック・ウォーカー(28=米国)が2日に自身のSNSで5歳の頃からの現在までの自身の上半身裸のマッスルポーズを公開。その激変なビフォーアフターに「一途な努力の結果」とファンが驚いた。

【フォト】突然変異体ビルダーの激変ビフォーアフター!狂気のマッスルボディ

 ウォーカーは身長170cm、体重111kg。20年にプロボディビルダーとして活躍するようになり、21年にはNYプロやアーノルドクラシックなどの権威ある大会で優勝。さらに世界最高峰のボディビル大会のミスターオリンピアで初出場5位入賞。今年は優勝候補の一人として名前が挙がっていたが、直前で負傷欠場。しかし、世界トップクラスのボディビルダーとして注目される存在だ。

 丸太のように太い腕、血管が浮き出まくった巨大な脚と、まるで漫画から飛び出してきたような超人的な肉体を持つウォーカー。ついたニックネームも「ミュータント(突然変異体)」だ。

 そのウォーカーが、今回インスタグラムで5歳からの比較写真を掲載。5歳の頃はどこにでもいる子供だが、ボディビルに目覚めた18歳あたりから肉体が変化し、今の怪物級のボディに進化している。

 ウォーカーは幼少期に痴漢にあい、そのトラウマから人が信じられなくなり、人間関係を避け、10代からドラッグやアルコールなどに溺れた過去を持っている。転機となったのは、高校卒業後にリフティングの大会に出場したこと。結果は散々だったが、周囲の応援に感動し、何事にも頑張ろうと思い、ボディビルの世界に入ったという。

 今回の投稿は、改めて今年に世界最高峰の頂点を目指す目標を見据えての、初心に帰る振り返りなのだろう。

 コメント欄には「アメイジングな歴史だ」「一途な努力の結果だ」「4年前からも肉体が倍になっている」と驚いた。

 ウォーカーは今年こそ、ミスターオリンピアの栄冠を手にすることはできるのか。

▶︎次ページは【フォト】突然変異体ビルダーの激変ビフォーアフター!狂気のマッスルボディ

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・“突然変異体”ビルダー、ウォーカーが“巨大過ぎる広背筋”でマッスルポーズ「無冠の帝王の肉体だ!」

・“無敗の美女ボクサー”ニコルソン、WBC年間最優秀選手の候補に!現在ドバイでバカンス

・小顔美女ビルダー、一糸まとわぬ芸術フォトに挑戦!まるで“ギリシャ彫刻”に絶賛の声

・元UFCグラマー美女戦士、“むっちりボディ”がプチ断食で驚きのビフォーアフター!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧