TOP > ニュース 一覧

“突然変異体”ビルダー、ウォーカーが“巨大過ぎる広背筋”でマッスルポーズ「無冠の帝王の肉体だ!」

フォロー 友だち追加
2023/11/11(土)UP

“突然変異体”のニックネームを持つボディビル界の新星ニック・ウォーカー@nick_walker39

 世界的人気の米国人ボディビルダー、“突然変異体”ことニック・ウォーカー(28)。今月2〜5日開催のボディビル世界最高峰の大会『ミスターオリンピア』は無念の負傷欠場となったが、9日に自身のSNSでは“巨大すぎる広背筋”でマッスルポーズを決めると「無冠の帝王の肉体」とファンが驚いた。

【フォト】“突然変異体”ビルダー、ウォーカーの巨大過ぎる広背筋!狂気的マッスルボディも

 漫画から飛び出してきたような超人的な肉体を持ち、「ミュータント(突然変異体)」の異名を持つウォーカーは、世界のボディビル界で話題を集めるスター。20年にプロ資格を得ると、キラ星のごとく数々の大会で入賞。昨年の「ミスターオリンピア」で3位入賞し、今大会の優勝候補の一人と高い評価を受けていた。

 しかし、ウォーカーは大会数日前の最終調整で左脚のハムストリングを負傷。開催地の米フロリダ州まで行ったが、最終的に欠場した。そして、ウォーカーのいないオープンクラスでは、昨年準優勝者のデレク・ランスフォード(30=米国)が優勝、昨年優勝者のハディ・チョーパン(35=イラン)は準優勝で連覇ならず、昨年6位のサムソン・ダウダ(31=ナイジェリア)が3位に入賞した。

 悔しい思いを抱えたウォーカーだが、9日に自身のインスタグラムでバックポーズ。バルクアップし盛り上がった巨大な広背筋を披露した。コメント欄には「無冠の帝王の肉体だ!」「来年は確実にあなたが王者だ」「ステージの上で見たかった…来年こそは!」「まるで漫画のようだ」と多くの驚きの声が寄せられた。

 2024年の『ミスターオリンピア』、ウォーカーの反撃に期待したい。

▶︎次ページは【フォト】“突然変異体”ビルダー、ウォーカーの巨大過ぎる広背筋!狂気的マッスルボディも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・2023年『ミスター・オリンピア』優勝は“小柄な超マッスル”ランスフォード!「歴史が誕生したがこれは始まり」

・”世界一の腹筋を持つイケメン”、男子フィジークで初優勝【ミスターオリンピア】

・【ミスターオリンピア】ビキニで“究極くびれ”ドリーが2年ぶり優勝!抜群のマッスルプロポーション

・【ミスターオリンピア】“突然変異体”ビルダー、ウォーカーがハムストリング断裂で欠場「人間だという事が分かった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧