TOP > ニュース 一覧

【Stand up】今年も10階級で新人王トーナメント開催、優勝者はRISEビッグマッチへ

フォロー 友だち追加
2024/01/26(金)UP

2023年の新人王トーナメント優勝者(上段左から)53kg・横山大翔、63kg・TAKU、57.5kg・門脇碧泉(下段左から)51.5kg・平山裕翔、67.5kg・野口紘志、60kg・近藤大晟

 キック5冠王・寺戸伸近がゼネラルマネージャーを務め、若手育成を目的に開催しているキックボクシング大会『Stand up』。

 この場所から新人王を得て、大舞台にて活躍している選手を多数輩出。大いに盛り上がりを見せている新人王トーナメント『Stand up King of Rookie』を2024年も10階級で実施することが決定した。

 各階級の参加人数は4人で、7月21日(日)、9月29日(日)、11月27日(日)、12月22日(日)のうち二大会に分けて一回戦、決勝戦を行い新人王を決定する。会場は全て大森ゴールドジムサウス東京ANNEX。

 ルールは、「ヒジなし・掴んでからの攻撃は1回」という点はRISEルールと同じ。新人王になった選手は新人王チャンピオンベルトの贈呈や優先的にRISEランキング入り、本戦やビッグマッチ出場のチャンスも得る。昨年の新人王トーナメント-60kg級で優勝した近藤大晟(及川道場)は12月のRISEビッグマッチに出場するなど、各階級優勝者の躍進ぶりが注目を集めている。

 今年新人王に輝くのは果たしてどの選手か。

 なお、現在、出場者を募集開始している。詳細は以下の通り。

<『Stand up King of Rookie』概要>

◆2024年度 King of Rookie
大会スケジュール予定

2024年7月21日(日)ゴールドジムサウス東京ANNEX
2024年9月29日(日)ゴールドジムサウス東京ANNEX
2024年11月17日(日)ゴールドジムサウス東京ANNEX
2024年12月22日(日)ゴールドジムサウス東京ANNEX
※参加人数により、日程変更の場合もございます。

◆King of Rookie 2024
各階級4名でワンマッチ形式にて上記スケジュールのうち、2大会に分けて新人王を決定します。

<全10階級にて募集>
①-51.5kg ②-53kg ③-55kg ④-57.5kg ⑤-60kg ⑥-63kg ⑦-65kg ⑧-67.5kg ⑨-70kg ⑩+70kg(ヘビー級)

※参加人数やレベルにより行わない階級もありますので予めご了承下さい。

◆ルール
Stand up プロフェッショナル公式ルール/一回戦~決勝戦3分3R延長1R
※延長Rはマスト判定
◆エントリー対象選手
①プロ戦績4勝以下
②上記スケジュールで参戦可能であること。
③デビュー戦もエントリー可能(各アマチュア大会の実績を考慮)。

◆ほか
①各階級、出場希望選手が多数の場合は過去の実績等を考慮し選考させて頂きます。
②エントリーの可否はジム代表者様に連絡致します。
③エントリー中に他大会へ出場する際は要相談となります。
④新人王になった選手は優先的にRISEランキング入り、本戦へシード。他ビッグマッチ出場のチャンスあり。

◆応募方法
①エントリーシートに必要事項をご記入の上、Stand up実行委員会まで下記の方法でお送り下さい。
≫FAX の場合/03-5475-5887 ≫メールの場合/info@standup-kick.com
≫郵送の場合/〒141-0022 東京都品川区東五反田 3-6-18-3F
②応募締切は4月27日(土)まで
※ご不明な点がありましたらお気軽にStand up実行委員会までご連絡下さい。

≫公式サイト

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【Stand up】KO勝ちのTAKU、延長戦を制した横山大翔が新人王に輝く

・【Stand up】正道会館の門脇碧泉とTEPPEN・平山裕翔が新人王に

・【Stand up】及川道場の新鋭・近藤大晟がリマッチ制して新人王に、野口紘志はKO勝ちで優勝

・【JAPAN CUP】18冠王・所風雅、Krush王者大鹿の弟・烈毅を下してトーナメント制覇

・【Stand up】2022年新人王・吉岡龍輝、キャリアで上回る細野登弘を撃破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧