TOP > ニュース 一覧

倒れた相手がなんと下から蹴り上げ!アゴにヒットし失神KOの衝撃、日本・駒杵嵩大ベルト奪取ならず=韓国

フォロー 友だち追加
2024/01/30(火)UP

駒杵(上)がソンウン(下)に返り討ちならず※写真は昨年9月のDEEP

 1月20日(土)韓国・ソウルで開催されたMMA興行『BLACK COMBAT 10』で、DEEP戦士の駒杵嵩大(FightBase 都立大)が、フライ級王者キム・ソンウン(韓国)に挑戦するも、なんと倒れた状態の相手からの蹴り上げで失神KO負け。動画が29日、公開された。
 駒杵の王座奪取はならなかったが、ソンウンは前日、計量失敗で王座剥奪されており、韓国ファンからは再戦を希望する声も上がっている。

【動画】倒れた相手が下からの蹴り上げ!駒杵は無念のKO負け

 駒杵は柔道をバックボーンに持ち、全日本強化指定選手となったことも。19年11月、初代FightingNexusフライ級王座を獲得した実力者だ。

 近年はDEEPの舞台で3連勝すると、昨年9月のDEEP大会で、BLACK COMBATとの対抗戦でソンウンとノンタイトルで対戦。駒杵が圧巻の1R腕十字で一本勝ちした。

 今回はその再戦だが、ソンウンは前日計量で600gオーバーの超過。王座は剥奪され、駒杵が勝利ちた時のみ王者と認定される。
 なおソンウンはラウンドごとに1ポイント減点されるハンデも。

 入場から、計量失敗のソンウンに容赦ないブーイング。
 試合は、序盤から駒杵がテイクダウンに成功する。駒杵は抑え込みパウンドも、ソンウンは下から腕十字を狙う。
 引き抜こうとして立ち上がる駒杵に、ソンウンは腕を持ったまま左足で蹴り上げ!
 駒杵は意識を失い後ろへ倒れ、即座にレフリーがストップした。僅か91秒でのTKOだった。

 この結果に韓国ファンたちは「衝撃的な試合すぎる」「ブーイングを歓声に変えた」とコメント、また「悪役野郎に負けた日本人に心が痛い」「望ましくない結果の試合」「決定戦はこの2人の対戦が望ましい」と、3戦目の決着を希望する声も多い。

 駒杵はSNSで「試合負けました。もっと強くなります」と潔いが、空位となった王座を巡る3戦目にも期待したい。

▶次のページ:【動画】倒れた相手が下からの蹴り上げ!駒杵は無念のKO負け

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・武尊、ドス黒く腫れた足で激闘!試合後は車椅子姿で引退示唆「限界までやった、悔いはない」

・ネリが連打のミット打ち公開、ファン「新王者誕生だ!」「これではモンスター井上に殺される」と賛否

・デッドリフト500キロ“怪力世界一”、MMAデビューに向けてUFC現役世界王者と猛特訓!「観る度に進化してる」

・”筋肉女子”ちゃんよた、迫力ボディレスラーと「マッスルシスターズ」結成=3.5新木場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧