TOP > ニュース 一覧

五味隆典、サンボ初挑戦で腕十字一本勝ち!2回戦敗退も次のステージへ=全日本サンボ選手権

フォロー 友だち追加
2024/02/04(日)UP

五味隆典が全日本サンボ選手権に出場した

 2月4日(日)東京・墨田区総合体育館にて、日本サンボ連盟『第50回全日本サンボ選手権大会』が開催された。
 今大会は50回記念大会として、スポーツサンボ、コンバットサンボの他にマスターズの部、高校生の部も行われ、スポーツサンボの79kg級には五味隆典が参戦。2回戦で惜しくも判定負けとなったが、1回戦では腕十字を極めて一本勝ちを見せた。

【フォト】五味がサンボ初出場で極めた!一本勝ちの瞬間

 サンボはロシア発祥の格闘技。スポーツサンボとコンバットサンボに分かれており、大まかには投げ技と寝技中心のスポーツサンボ、そこに打撃も認められているのがコンバットサンボとなる。
 柔道とレスリングの要素を合わせたような競技で、選手は赤か青のサンボ着、ショーツ、サンボシューズを着用。試合はレスリングマット上で行われる。主に投げ技と寝技でポイントが加算され、一本勝ち以外は試合終了時点での点数で勝敗が決まる。

(左から)近藤正明会長、五味、五木田副会長

 五味は元修斗世界ウェルター級王者にして初代PRIDEライト級王者の実績を持つ、言わずと知れたMMA界のレジェンド。
 かつて五味が通っていた木口道場にはサンボのクラスがあり、道場の先輩となる五木田勝氏が現在、日本サンボ連盟の副会長を務めている。昔からサンボとは縁が深い五味だが、試合に出場するのは初めてとなった。

 五味が出場したスポーツサンボ79kg級は10人のトーナメント方式。1回戦、小倉雅人(OFC)と対戦した五味は腕十字を極めて難なく一本勝ち。しかし2回戦、北岡賢英(至学館大学)との試合では、投げ技で互いにポイントを取り合う展開となり、惜しくも3-5の判定負けを喫した。

2回戦で惜しくも判定負けを喫した

 試合後インタビューで五味は、インタビュアーの五木田氏に「勘弁してくださいよ(笑)。無茶振り無茶振り」とコメント。今回は先輩からの誘いを受けて参戦したようだ。

 初のサンボはどうだったか聞かれると「面白かったですよ。ただ(年齢が)20個以上違う子とやるのは今年でやめます。次はマスターズに出ます。ちゃんと現実を受け入れて、もう無茶しない方がいいってことは分かりました(笑)」とさすがの五味も現在45歳、初のサンボで大学生との勝負は厳しかった様子。

試合後インタビューに応じる五味(右)、左が五木田勝氏

 五木田氏が「連盟としてはマスターズの世界選手権に出てほしい」と言うと、「なるほど、こっちを目指しましょう。マスターズでしたら45歳で1年生なんで」と、45歳以上が対象のマスターズ参戦に意欲を見せる。
 改めて、サンボの試合に関しては「激しい攻防に見えるんですけど、力抜いてる選手だったりちょっと不思議な感じがしました。難しいですね、やっぱポイント持たれると抑え込まれたりしちゃうんで、良い勉強になりました」と振り返った。

 五木田氏は「今年もマスターズの世界選手権、アジア選手権、色々国際大会やってるんで、五味が行くんなら連盟も派遣します」と期待を込めた。次はマスターズでの出場もあるのだろうか、今後の動向にも注目していきたい。

▶︎次ページは【フォト】五味がサンボ初出場で極めた!一本勝ちの瞬間

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ROAD TO UFC】”超新星”鶴屋怜、初回KO勝利でトーナメント優勝!無敗のままUFC契約を獲得

・【ROAD TO UFC】GRACHAN王者・原口伸、中国強豪チューに無念の一本負け、優勝逃し無敗守れず

・素手ボクシングの凄惨なKO劇、流血ボコボコ状態に“レフェリーストップ遅い””殺す気か”と炎上

・木村ミノル、ドーピング陽性からの復帰ドキュメント!ショッキングな注射シーンも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧