TOP > 試合結果 一覧

【ROAD TO UFC】GRACHAN王者・原口伸、中国強豪チューに無念の一本負け、優勝逃し無敗守れず

フォロー 友だち追加
2024/02/04(日)UP

原口が無念のタップ負け©️UFC

 2月3日(日本時間4日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催された総合格闘技イベント『ROAD TO UFCシーズン2 決勝』ライト級決勝にて、GRACHANライト級王者の原口伸(25=BRAVE)がロン・チュー(23=中国)に3R無念の一本負け。プロ無敗記録は途絶え、トーナメント優勝を逃した。

【動画】原口がリアネイキッドチョークで無念のタップアウト

 原口はRIZIN参戦の原口央の実弟。国士舘大学時代にはレスリング天皇杯のフリースタイル70kg級で優勝を果たし、22年9月にMMAプロデビューすると、7戦6勝1無効試合と無敗。現在はGRACHANライト級正規王者だ。

 対するチューは元UFCファイターで1勝2敗の戦績を持つ。原口とのリーチ差が10cmと長身のストライカーでUFCとの再契約を目指す。

 1R、開始すぐに原口が両足タックル、これは警戒していたチューに切られるも、続けて片足タックル、ケージに押し込み背後を取るも、これもチューにうまく対処される。後半、原口はテイクダウンを奪うとサイドからパウンド。しかし、すぐにチューに立たれてしまう。チューは距離を詰める原口の顔面にパンチを叩きこむ場面があり、甲乙付けがたい展開。

 2R、徹底してタックルからのテイクダウン狙いの原口。チューはテイクダウンを切りながらカウンターの打撃。原口は果敢に攻めるも、ややチューのパンチやヒザ蹴りをもらいすぎか。チューのコツコツと当てるジャブをもらい、原口から鼻血が。

 3R、打ち合い勝負に持ち込もうと、距離をつめてパンチを振り回す原口。タックルに行くも、チューの徹底したディフェンスにスタミナをかなり消耗した様子。チューの右ストレートを被弾した原口、マウスピースが吹き飛ぶ。

 試合が一旦ストップし、原口はマウスピースを入れ直すも、しゃがみ込むなど、消耗し切った様子。なんとか立ち上がり、試合は再開されたが、チューが怒涛のパンチ連打、原口の力ないタックルをつぶすと、容赦ないパウンド連打からリアネイキッドチョーク。原口が力なくタップした。

 3R3分6秒、原口は無念の一本負け、キャリア8戦目にして初黒星を喫した。

『ROAD TO UFCシーズン2 決勝』
2月3日(日本時間4日)米国ネバダ州ラスベガス
▼ライト級決勝
○ロン・チュー(中国)
一本 3R36秒 ※リアネイキッドチョーク
原口伸(BRAVE
チューがトーナメント優勝、UFC契約を獲得

 

▶︎次ページは【動画】原口がリアネイキッドチョークで無念のタップアウト

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ROAD TO UFC】無敗のGRACHAN王者・原口伸、強靭ボディで計量パス!「調子はいい、出し切る」と契約獲得に自信

・【ROAD TO UFC】決勝戦迎える原口伸、中国ストライカーに「強みをぶつける」=2.4

・素手ボクシングの凄惨なKO劇、流血ボコボコ状態に“レフェリーストップ遅い””殺す気か”と炎上

・【ROAD TO UFC】”超新星”鶴屋怜、初回KO勝利でトーナメント優勝!無敗のままUFC契約を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧