TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】健太、良太郎と初対決に「意地とヒジに注目!オッサン対決の泥試合見せる」=2.25

フォロー 友だち追加
2024/02/10(土)UP

ベテラン同士対決となった良太郎(左)と健太(右)(C)Def Fellow

 2月25日(日)に開催される『KNOCK OUT 2024 vol.1』の [KNOCK OUT-REDスーパーライト級/3分3R・延長1R]で対戦する良太郎(池袋BLUE DOG GYM/team AKATSUKI)と健太(E.S.G)。それぞれのインタビューが主催者から届き、健太は得意の肘で泥試合を見せると意気込んだ。

【動画】これが健太の肘!連打で相手が大出血!良太郎の“鬼の”ヒザ蹴り連打も!

 良太郎は“千の職質を受けた男”として有名で、折れない心とタフネスを武器に22年9月に渡部太基に勝利して、初代KNOCK OUT-BLACKウェルター級王者となった。昨年9月はKNOCK OUT-REDスーパーライト級王座決定戦でバズーカ巧樹に判定負けを喫し、今回が再起戦となる。

 健太は元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者で、長くNJKFをけん引してきた大ベテランで、試合間隔を空けずに戦うことでも知られており“月イチ健太”の異名を持つ。今回が116戦目となり、現体制の『KNOCK OUT』に初参戦を果たす。

いぶし銀の技が光る良太郎(左)

 良太郎は今回の健太戦について「これまで健太選手と僕は、接点がなかったんですよね。でも、今回は『そろそろ来るんじゃねえの?』と思ってたらやっぱり、という感じでもありました」と予感をしていたという。印象は「何でもできますよね。ただ正直、試合動画とか1回も見てないんですけど、いろんな選手のデータはほぼほぼ頭に入ってるんですよ」と特別に研究をしなくても問題がないようだ。

 対する健太は、「見た目はおっかなくて、ヤカラ系の印象ですよね。でも見た目とは裏腹にムエタイスタイルで、気持ちが強い選手なんだなと思います。さらに指導者として誠心誠意キックに向き合ってるなというのが伝わってきて、その点では尊敬しかないですね」と良太郎の印象を語り、リスペクトがあると明かした。

 さすがにベテラン同士の対決だけに、互いに浮足立つような印象はない。良太郎は「健太さんは、ほぼほぼ歳が同じだし、お互いにずっとこの舞台でやっていて、別に私怨もないです。今回も、自分の性能を試せればという感じです。自分に関してはどうでもいいんですよ、壮大な人体実験だと思ってるんで」とコメントした。

月1回のペースで試合をする健太(右)

 人体実験の意味を良太郎は「減量方法も練習方法も自分の体で試して、それをいかにして下の選手たちに教えていくかという感じです」と自らの体験を指導に活かしているそうだ。

 また健太は試合のテーマについて、「オッサン対決ですよ(笑)。僕が36歳、良太郎選手が35歳。若い選手が多いリングで、オッサン対決の魅力、逆に若い人にはできない泥試合を見せてやりますよ。若い選手のようなスピードとか勢いはないかもしれない。でも30半ばになっても、一つの勝利に向けて頑張ってるわけですよ。そういう泥臭い2人の激突ですよね」とベテランならではの試合を見せる覚悟だ。

 そして最後に健太は「今回はREDルール(ヒジ打ち有り)なので、僕のヒジに注目してください。それと意地ですね。『意地とヒジ』。見てくれ俺のヒジ、からの意地」と意気込みをダジャレで締めるベテランぶりを発揮した。

▶次ページは【動画】これが健太の肘!連打で相手が大出血!良太郎の“鬼の”ヒザ蹴り連打も!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】良太郎がヒザ蹴り地獄で渡部太基を下す

・【NJKF】永澤サムエル聖光が“キラーロー”で健太を下し防衛成功、前田浩喜が大輔を下し3階級制覇

・胸毛ニキ、「キモい!」「すご過ぎ」血管が浮き上がりすぎな脚を公開!3.5試合へ決意

・人気ラウンドガール、“鍛えた美マッスル”でボクシング!世界王者が指導で試合に期待

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧