TOP > ニュース 一覧

【RWS】伊藤紗弥、計量パスでマッスルポーズ!女子タイトル新設めざし「ヒジ打ち狙う」

フォロー 友だち追加
2024/02/11(日)UP

伊藤紗弥が計量パス

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される、ラジャダムナンワールドシリーズ(RWS)初の日本大会『RWS JAPAN』の前日計量が、11日都内にて行われた。[RWS女子アトム級(47.17kg)2分3R]に出場する伊藤紗弥(尚武会)は、46.74kgで計量パスしマッスルポーズ。対するアマチュアムエタイ・ユース3連覇のノンミン・トール ソンキアット(タイ)も、47.16kgで計量をパスした。

【フォト】伊藤紗弥、計量パスして気合いのマッスルポーズ!

 伊藤はジュニアキックで数々のタイトルを獲得するなど、幼少期から注目を集め、WPMF、WMC、WBCムエタイ、IPCC、IMSAと世界5冠を達成した“ムエタイ才女”。当初はノンバーンファー・ファミリームエタイ(タイ)との対戦が決まっていたが欠場、代替としてノンミンが決定した。

計量パスした伊藤(右)とノンミン(左)

 ノンミンはアマチュアムエタイでは2019、2021年、2022年にはユースの部で金メダルを獲得、2022年タイ国キックボクシング大会でも金メダルを獲得するなど、タイを代表する実力者。プロ戦績は45戦35勝10敗で、ノンパーンファー以上の強敵と言われる。

 計量パスした伊藤は、「明日は、盛り上がるようにがんばります。ヒジ打ちを狙っていきます」と宣言。対するノンミンは、「日本は初めてきました。明日、がんばります」と短めにコメントした。

 ラジャでは一昨年8月、長らく続いた女人禁制が解かれ、昨年12月にはバンタム級で初の女子王者が誕生した。伊藤が主戦場とするピン級では王座がまだ創設されていないため、今回の試合で互いにアピールしたいところだ。

 なお、明日は15時30分よりプレリム3試合を実施、次に前半6試合、その後メインカード7試合の順に行われる予定だ。伊藤はメインカード1試合目に登場する。

▶次ページは、【フォト】伊藤紗弥、計量パスして気合いのマッスルポーズ!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『RWS JAPAN』ラジャダムナンワールドシリーズ生中継・放送・配信情報

・【RWS JAPAN】吉成名高vsプレーオプラーオの王座統一戦ほか計量結果

・【RWS】初の日本大会に華を添える5人の美女ラウンドガールが決定!=2.12

・伊藤紗弥、“女人禁制”解かれたラジャのベルト新設めざす「攻める姿勢で」=2.12 RWS JAPAN

・【BOM】伊藤紗弥、右ストレートで”一撃”KO勝利!吉成乃亜が5戦目で戴冠

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧