TOP > 試合結果 一覧

【BOM】伊藤紗弥、右ストレートで”一撃”KO勝利!吉成乃亜が5戦目で戴冠=女子

フォロー
2023/11/26(日)UP

伊藤紗弥が新スタイルに変え、パンチで一撃KO勝利!

株式会社BOMプロモーション
『Amazing Muaythai,Road to Rajadamnern × Shimizu presents BOM 45』
2023年11月26日(日)神奈川・横浜大さん橋ホール

▼第18試合 [Road to Rajadamnern] BOM女子アトム級(46.26kg) 2分3R
〇伊藤紗弥(尚武会/BOM2階級王者、WMC&WPMF&IPCC世界王者)
KO 2R 1分7秒 ※右ボディストレート
●ミンタ・ノー アヌワッジム(タイ/タイ東北地方48kg王者)

パンチでロープに追い詰める

 伊藤は10代からWPMF、WMC、WBCムエタイと女子世界王座の3冠を達成し、22年5月にはIPCC世界女子アトム級王者となって世界4冠王に輝いた“ムエタイ才女”だ。
 前戦となった9月のRWSで判定負けし「戦い方を変えなきゃいけないと感じた。パンチでも攻めて倒せたら」とスタイルを変えたと言う。

【フォト】伊藤がパンチで一撃KOする瞬間!相手は動けず 

 相手のミンタはタイの地方王者で、戦績は60勝20敗。

伊藤はパンチで倒すと宣言していた

 今回の一戦は12月22日のタイ・ラジャダムナンスタジアム興行への出場を懸けたRoad to Rajadamnern認定試合として行われる。
 今後、ラジャダムナンスタジアムの女子王座が制定されることも決定しており(女子王座の階級は未定)、伊藤も気合が入っている。

 1R、伊藤はいつもの後ろ重心のムエタイ構えでなく、軸を中心に置いたべた足気味の構え。ステップインすると、蹴りからではなく、素早いパンチとコンビネーションで入る。ジャッジは1名が伊藤を支持。

劇的勝利した伊藤

 2R、伊藤は引き続きパンチを中心に、上下に打ち分ける。ミンタの顔が跳ね上がる。
 さらにジャブから右ストレートをボディに入れると、ミンタが前のめりにダウンした。

 続行不能と見て、レフェリーがストップ。伊藤が宣言通り、強化したパンチで見事に倒してみせた。

▶次のページ:【フォト】伊藤がパンチで一撃KOする瞬間!相手は動けず

※男子(柿沼慶、レンタ、朝陽ほか第1試合〜第12試合)結果、レポート、写真はこちら

フォロー

●編集部オススメ

・【BOM】伊藤紗弥が計量パス「今までとは違う私を期待してください」

・【見逃し配信あり】11.26『BOM』生中継・放送・配信情報

・[本日の試合]レンタが2ダウン奪い新王者に!梅野源治からベルト受け継ぐ、柿沼慶はラジャ1位に悔しいKO負け=男子

・【Krush】松谷綺がダウン2つ奪い新王者に「菅原選手を倒せるのは私しかいない」稲垣柊は初V成功

・ヤンマガでも話題の美女・松谷綺、筋肉美で計量パス「絶対勝ってサイン会やる」=11.25 Krush

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧