TOP > ニュース 一覧

【RWS】吉成名高、ラジャ“正規”三階級制覇へ計量パス!日本の切り札として「“凄い”ところ見せつける」

フォロー 友だち追加
2024/02/11(日)UP

吉成名高が計量をパスした

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるムエタイのビッグイベント、ラジャダムナンワールドシリーズ(RWS)初の日本大会『RWS JAPAN』の前日計量が、11日都内にて行われた。[ラジャダムナン認定スーパーフライ級(52.16kg)タイトルマッチ]に出場する同級暫定王者・吉成名高(エイワスポーツジム)は52.12kg、同級正規王者プレーオプラーオ・ペッフ・ラオファー(タイ)は51.82kgでともに計量パスし、鍛え上げた肉体を見せた。

【フォト】吉成名高、腹筋割れる気合いの肉体!アニメのポーズも

 名高は10代の時に、日本人初のラジャダムナン・ルンピニー統一王者(ミニフライ級)となり、昨年7月にはラジャダムナンスタジアムのフライ級王座も奪取、さらに12月には、同スタジアムのスーパーフライ級暫定王座もKOで奪取した。

 今回の相手、同級正規王者プレーオプラーオ・ペッフ・ラオファー(タイ)は、元ラジャのフライ級王者でもあり、二階級制覇王者となる。

 “正規”三階級制覇へ向けて計量パスした吉成は「記念すべき大会で、ずっと戦いたかった相手。明日は、三階級制覇を成し遂げたい」と意気込みを語った。対するプレーオプラーオは「明日は精一杯がんばります。海外で試合をするのは初ですが、いい結果を残したい」とコメントした。

『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久(みどりいずく)のポーズをオマージュ

 吉成は、計量パスした際にプレーオプラーオの“かめはめ波”ポーズに続き、左手首を握るポーズを作ったが、これは「最近アニメにはまっていて、タイの試合でも毎回パフォーマンスするんですが、今回は『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久(みどりいずく)のポーズをオマージュしました。試合でも、また違うパフォーマンスを考えています」と明かした。

 吉成がオマージュしたキャラクターは、見た目は普通だが能力を発動すると「最強の力」を発揮するというもの。まさに吉成にピッタリのキャラクターともいえる。

 プレーオプラーオは囲み取材で「パンチとヒジ打ち、あとはチャイスー(ハートの強さ)でKOしたい」と明かしたが、吉成は「彼ほどのタフネスは対峙したことないんで、どうなるのかなと思っています。でも、自分も気持ちで負けることはないです」と自信を見せた。

 吉成はプレーオプラーオ戦について「闘争心はスーパーレック以上。一発当てても、倒していくと逆に倒される選手を見てきました。焦らないのが鍵かなと思います。でも効かせるシーンは絶対に出てくる」とチャンスを狙うという。

計量パスした吉成(右)とプレーオプラーオ

 最近の試合は早いラウンドで決着しているが、今回の相手は吉成にとってラスボスと言ってもいい存在。吉成は「自分の中では倒すとしたら3、4ラウンドかなと思っています。スタイルは、避けるのがうまいという選手ではないので、相手から向かってくるので急所に当たれば倒せると思います」と得意なタイプだと分析する。

 タイの強豪との試合では、武尊がスーパーレックに負け、昨日10日は海人がペットモラコットに敗北を喫した。日本トップ選手が負けているため、吉成にかかる期待は大きい。吉成は「僕がしっかり日本人が“凄い”というところを見せつけます」と日本の切り札としての力を発揮したいと宣言した。

▶次ページは【フォト】吉成名高、腹筋割れる気合いの肉体!アニメのポーズも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.12『RWS JAPAN』ラジャダムナン・ワールド・シリーズ・ジャパン生中継、放送、配信情報

・【計量写真&結果】吉成名高vsプレーオプラーオ、レンタ、伊藤紗弥ほか

・【RWS】初の日本大会に華を添える5人の美女ラウンドガールが決定!=2.12

・【結果】武尊、王者スーパーレックと激闘も判定負け!右ローキックに苦戦=1.28 ONE

・梅野源治、海人vsペットモラコットを「世界最高峰の闘い」と大絶賛、その内容分析とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧