TOP > ニュース 一覧

【RWS】吉成名高、ダウン奪うラジャ正規3階級制覇達成も“悔やまれる部分”とは

フォロー 友だち追加
2024/02/13(火)UP

吉成名高が試合後インタビューに応じた

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催された『RWS JAPAN』の[ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級統一王座決定戦]において、同級暫定王者プレーオプラーオ・ペップラオファー(タイ)に、ダウンを奪うなど圧倒の内容で判定勝利を収めた、暫定王者の名高・エイワスポーツジム(吉成名高/エイワスポーツジム)。
 スーパーフライ級統一王者となり、ラジャの3階級制覇を正式に達成。それでも試合後インタビューでは、悔しさを滲ませる部分があった。

【フォト】名高が圧倒!怒涛の連打にプレーオプラーオがダウンする瞬間

 試合は1R、名高がボディストレート、フックを効かせて、怒涛の連打から最後は左ローでなぎ倒してダウンを奪う。以降のラウンドも被弾し続けるプレーオプラーオだが気合いで前進。名高はサークリングしながらいなし続け、前蹴りやハイ、ヒザやヒジと多様な攻撃のバリエーションを見せて判定勝利した。

 名高は試合を終えた率直な感想について「プレーオプラーオ選手は僕の想像の上を行くタフさで。いつも自分は対戦相手の仮想をして、自分の中で過大評価してそれを超えてこないように意識してやっているんですが、タフさに関してはその想像をはるかに超えてきてビックリしました」とプレーオプラーオのタフさは想像以上だったようだ。

タフなプレーオプラーオは前へ出続けるが、名高は上手くいなす。

 試合前はKO狙いと話していた名高。実際戦ってみてどうだったか聞かれ「正直2,3(R)のところで、相手の勢いに気圧された部分があって、それが悔しい。1R目にボディストレートが当たって顔面も効かせられたんですけど、いつもなら冷静になれたところで、3階級目が懸かった試合ということもあってパワーを込めて打ちすぎてしまった。そこで打ち疲れしてしまって。そこからプランが狂ってしまった印象があります」と、相手の勢いに押されたのが悔しいと話し、1Rの効かした場面で冷静さを欠いてしまったことも明かした。それでもプレーオプラーオの攻撃をいなし続け、後半のラウンドも確実にポイントを取っていったのはさすがの対応力だ。

 昨日の興行としては、伊藤紗弥がノンミン・トール ソンキアット(タイ)にTKO勝利した後、重森陽太や馬渡亮太など日本人選手が立て続けに敗れていた。そこについては「今日出た選手は日本のムエタイのトップ選手だと思うので、その選手たちがRWS常連選手たちと戦って敗れてしまって、しかも日本の地で負けてしまった。そこで自分が勝たないと行けないって気持ちはより一層強くなりましたし、僕が魅せなければって気持ちが凄く強かったです」とより気合が入ったと話す。

 また、先月は武尊がスーパーレックに、そして今月10日には海人がペットモラコットに敗れた。その中で最後の砦を守ったみたいな気持ちはあるか問われ「スーパーレック選手もペットモラコット選手もタイではビッグネームで、プレーオプラーオ選手もタイでビッグネームの選手。ペットモラコット選手はペッティンディージムでプレーオプラーオ選手と同門で勢いづいていたし、ペッティンディージムの会長も来ていたので気合いの入り方を凄く感じていたんですけれど。そういうのもあって勝たないといけないって気持ちが強かったです」と語った。

判定勝利した名高がラジャダムナンの3階級制覇を正式に達成した

 試合後のリング上で「次は第2章の始まり」と言っていた名高は、「(今後)より上のランクが来ると思うのでそこで戦うというのもあるし、武尊選手のONEでの試合を見て自分も世界の舞台、ONEの舞台で、参戦するとしたら自分はムエタイになると思いますが、そういった大会にも興味があるし、いろいろなことが出来ると思う。最近連戦が続いたのでちょっとゆっくりして、また準備して次の活躍をまた見てもらいたいですね」と、ONE参戦も含めたさらなる強豪との対戦へ意気込んだ。

 とてつもない活躍を続けている名高。この先どんな景色を見せてくれるのか期待を膨らませてしまうが、本人も話したように連戦が続いてる為、まずはしっかりと体を休めて欲しいところだ。 

▶︎次ページは【フォト】名高が圧倒!怒涛の連打にプレーオプラーオがダウンする瞬間

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RWS】吉成名高、統一王座戦でダウンを奪う完勝!ラジャダムナン3階級制覇=試合結果

・【結果 速報】2.12 吉成名高の王座統一戦ほか『ラジャダムナンワールドシリーズ』全試合 結果 速報=RWS JAPAN

・“褐色のグラマラス”りさぶー、キックの初ラウンドガールに驚く“こんな楽屋はじめて”

・井岡戦で注目の“褐色のグラマラス”、初写真集「弱肉強食」で限界に挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧