TOP > ニュース 一覧

【RISE】白鳥大珠、階級下げた前王者イ・ソンヒョンと対決「蹴りで倒す、スピードは僕が上」ソンヒョンは「白鳥は無力化する」

フォロー 友だち追加
2024/02/13(火)UP

白鳥(左)が階級上の元王者ソンヒョン(右)と対決

 3月17日(日)東京体育館にて開催される『RISE ELDORADO 2024』の対戦カード発表会見が13日行われ、スーパーライト級(-65kg)の一戦(3分3R延長1R)で、RISE同級1位・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)と、階級を下げた前RISEミドル級王者イ・ソンヒョン(韓国/RAON)との対戦が発表された。
 白鳥は「蹴りを磨いている、チャンスがあれば蹴りで倒す」と意気込み、ソンヒョンは「スタミナも経験も自分が上、攻撃に合わせ倒す」と互いに燃えている。

【フォト・動画】白鳥がヒザ蹴りで失神KOする瞬間!対するソンヒョンの強烈ボディでのKOシーン

白鳥は強豪ザカリアにKO勝利した

 白鳥は昨年3月にK-1との対抗戦で、佐々木大蔵に完勝を収めるなど、強敵相手に3連勝。6月に武尊と共に参戦したフランスの大会KO負けを喫するも、これはゴング後の打撃のため再審議によるノーコンテストとなった。
 そして12月、以前は海人をも破ったザカリア・ゾウガリーにヒザ蹴りで失神KO勝利。大金星を獲得した。

 対するソンヒョンは13年に第2代RISEライト級王者となり、19年には第4代RISEミドル級王者になり二階級制覇。しかし昨年3月には海人を挑戦者に迎え、判定負けで陥落。翌4月には韓国の大会で王者になるも、7月にはRISEウェルター級王者・中野椋太に人生初のKO負けを喫した。

 伊藤代表は「この試合は65kg世界トーナメントに向けた査定マッチ。ただ勝敗うんぬんでは決めたくない、内容で選出していきたい」と好試合を期待する。

白鳥は自信に満ちたコメント

 白鳥はソンヒョンについて「階級を落とす噂を聞いていて、もしかしたらやることがあるかなと思っていた。本当に昔から活躍している選手なので、世界に向けて良いアピールが出来る相手。必ず勝つ」と必勝宣言。

 ソンヒョンは2階級上の前王者だが、白鳥は「最近、相手のほうが強いと思われる対戦が多い。そういう相手を倒して、自分が上に行く。70kgのトップでやってきた相手とやれるなら、光栄に思う」とコメント。

 さらにイーファイトの取材で、白鳥はソンヒョンについて「パワーのあるタフな相手。でもスピードには差がある。最近は蹴りの練習を多くしてきたし、パンチにも自信があるが、蹴りでも倒したい。ミドル級の選手でも、チャンスがあれば倒せる」と自信に満ちたコメントをくれた。

 ソンヒョンに勝ち「世界トーナメントにも入って原口(健飛)選手にもやり返したい。ずっと思ってきたことなので、そこと絡んでいくためには絶対に落とせない一戦」とリベンジの機会を得るためにも今回は負けられないとする。

歴戦のソンヒョン

 対するソンヒョンは、階級を下げた理由について「70㎏で自分は小さいほう。もうちょっと下げていきたいなと前々から思っていた」と、今回が良い機会だったと語る。

 白鳥については「パンチがすごく良い。キックやヒザも良いのですごく怖い選手」と評価する。

 しかしイーファイトの取材に答え「自分の強みは、攻撃に耐えられることと、スタミナ、そして経験。(白鳥は)パンチが強くても、プレッシャーを与え、無力化する。そして、相手の攻撃に攻撃で返し、倒す」とタフさを生かして白鳥を倒すと意気込んだ。

▶次のページ:【フォト・動画】白鳥がヒザ蹴りで失神KOする瞬間!対するソンヒョンの強烈ボディでのKOシーン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【本日の追加カード】大﨑一貴のISKAタイトル戦、白鳥大珠vsイ・ソンヒョンなど3カード追加決定=3.17

・RENAがタイ修行を開始「初心に戻る」相手は韓国美女 シン・ユリ

・【RWS】吉成名高、ダウン奪うラジャ正規3階級制覇達成も“悔やまれる部分”とは

・【RISE】ラウンドガール宮原華音「ムキムキは隠せませんでした」筋肉出しポージング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧