TOP > 試合結果 一覧

【K-1】バダ・ハリ反則大暴走でK-1GP史上初の失格負け、ボンヤスキーが4年ぶり3度目のV

2008/12/06(土)UP

転倒させたボンヤスキーにハリが殴りかかり、顔面を踏みつけるという暴挙に!

FEG
「K-1 WORLD GP 2008 FINAL」

2008年12月6日(土)横浜アリーナ
開場16:00 開始17:00
観衆=17,823名(超満員札止め=主催者発表)

▼メインイベント(第9試合) K-1 WORLD GP 2008 FINAL 3分3R延長2R
レミー・ボンヤスキー(オランダ/チームボンヤスキー)
失格 2R0分53秒 ※悪質な反則によるレッドカード
バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)
※ボンヤスキーが2003・2004年に続き3度目の優勝。

 いよいよ2008年K-1ヘビー級最強の男が決定する決勝戦。勝ち上がってきたのはバダ・ハリとレミー・ボンヤスキー。両者は昨年のGP準々決勝で対戦し、その時はボンヤスキーが判定2-0で勝利している。

 歴代王者に名を連ねるボンヤスキーを倒せば、まさに“チェンジ”を実現させることが出来るハリ。新チャンピオン誕生の期待に、観客の声援はハリに集中する。ボンヤスキーは4年ぶり、3度目の王座へ王手を掛けた。

 1R、両者とも慎重な立ち上がり、間合いを取っての見合いが続く。ハリが左ミドル、続いてパンチのコンビネーションから右ロー。

 ジリジリと前へ詰めていくボンヤスキー、ロープを背負ったハリは連打を返して回り込んでいく。ボンヤスキーは右ロー。ロープを背負ったハリが左フックを出したところへ、左フックのカウンターを決めてボンヤスキーがダウンを奪う!

 カウント8で立ち上がったハリ。冷静なボンヤスキーは仕留めにいかず、再び見合いとなる。前に詰めていくハリが連打を見舞っていくが、ボンヤスキーのガードは固い。オープンスコアはボンヤスキーが10-8でリード。

 2R、ハリが飛び蹴りからのパンチで仕掛けていく! 右ストレートで後ろに吹っ飛ぶボンヤスキーへ一気にラッシュ! 準決勝に続く逆転劇の予感に盛り上がる場内! 

 しかし、足を掬って転倒させたボンヤスキーにハリが殴りかかり、顔面を踏みつけるという暴挙に! 間に入った角田レフェリーがハリを突き飛ばす!

 ボンヤスキーのダメージは大きく、なかなか立ち上がることが出来ない。ハリにはイエローカードが提示され、減点1。

 ボンヤスキーはドクターチェックを受ける。ボンヤスキーの回復を待つため5分間の休憩が与えられたが、それでもダブルビジョン(物が二重に見える)状態が回復しなかったため、角田レフェリーがマイクを持った。

レッドカードが与えられるハリ

「K-1のスポーツマンシップに則り、バダ・ハリのとった行動は許されない。悪質な反則行為により失格!」とレッドカードを提示した。

 第1試合から好試合の連続で、K-1史上最高にエキサイティングな大会だった今年のK-1GPは、K-1GP史上初のレッドカードによる失格負け(GP以外では2003年6月にモンターニャ・シウバが反則で失格負けとなっている)という最悪の結末で幕を閉じた。テレビ解説の魔裟斗も「1年間出場停止になってもおかしくない悪質な反則」と、ハリのダーティーな行為を批判した。

 勝利が告げられると、ボンヤスキーは号泣。王座返り咲きを果たした嬉し涙か、それともこんな形で終わってしまったことへの悔し涙か…。

 ベルトを巻いたボンヤスキーは「昨日の記者会見でKOがハイライトとなるK-1にとって、KOが多い大会になるだろうねと言ったとおりKOが多かったが、一番大事な決勝戦がこんな形になって残念です。こんな形での勝利は望んでいなかった」と、悔しさを口にした。

▶︎次ページは準決勝第2試合 ボンヤスキーvsサキ、準決勝第1試合 ハリvsジマーマン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧