TOP > 試合結果

【RISE】那須川天心が強豪アラモスを初回KO、RIZIN出場をアピール

2015/11/08(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

右ストレートをクリーンヒットさせた不可思(右)

▼第4試合 ライト級(-63kg) 3分3R延長1R
○不可思(クロスポイント大泉/WPMF日本スーパーライト級王者、Bigbangライト級王者、同級6位)
判定2-0 ※30-29、29-29、29-28
●麻原将平(正道会館/同級3位)

 これまでレベルスを主戦場にし、7月に約4年5カ月ぶりにRISEに参戦しKO勝ちを収めた不可思が、RISEで着実に戦績を重ねてきた麻原と対戦。

 1R、左右ローの不可思に対し、麻原は右ストレート。2Rには不可思の右ローに麻原のカウンターの右ストレートが徐々にヒットし始める。

 麻原はスピーディーな攻撃を見せ、不可思もハイ・ミドルを返し譲らない攻防。3R、不可思がプレッシャーをかけ、麻原も手数で押し返すが終盤に不可思の右ハイがクリーンヒット。不可思が接戦を制した。


 

森(左)に強打のパンチをヒットさせる小西(右)

▼第3試合 ミドル級(-70kg) 3分3R延長1R
○小西拓槙(フリー/ISKAオリエンタル・インターコンチネンタルスーパーウェルター級王者、元ACCELミドル級王者、RISEミドル級7位)
判定3-0 ※三者とも30-26
●森孝太郎(リアルディール/RISEミドル級8位)

 小西はKrush、REBELS、パンクラス、シュートボクシングなど様々な団体を渡り歩き、今年7月からRISEに参戦。花沢類を3Rでマットに沈め、10月12日にはTAGを2RでKOし、2連続KO勝ちでRISE王座へ向けて一直線の快進撃中だ。

 森は2013年6月9日以来となる東京のリング。最近はRISE WESTを中心に活躍し、中国遠征も2度経験。長い手足を利したパンチ、ミドルキック、ヒザ蹴りでシュートボクシング日本スーパーウェルター級王者・坂本優起から勝利を奪ったことがある。

 1R、右ジャブを連続でヒットさせ手応えを掴んだか、小西がパンチ主体の攻めで森を圧倒。2Rには、森のテンカオに左ストレートを合わせた小西がダウンを奪う。3Rも小西が距離を詰めて仕留めにいくが、タフな森はパンチを返していく。小西が判定勝利し、ライズ3連勝となった。


 


▼第2試合 スーパーライト級(-65kg) 3分3R延長1R
○番長兇侍(習志野トップチーム/同級7位)
TKO 2R0分 ※ドクターストップ
●安東雅喬(湘南格闘クラブ)

 1R、左ミドル主体の攻めを見せる安東に対し、番長は大振りのフック。コーナーに詰める番長がラッシュを仕掛けると、強打のパンチに場内はどよめく。安東は左ミドルを蹴った際に足を負傷したか、2R開始直後にドクターストップとなった。


 

▼第1試合 -56kg契約 3分3R
○中井将史(リアルディール)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-28
●大塚 憲(新宿レフティージム)

▼オープニングファイト2 バンタム級(-55kg) 3分3R
○永井健太朗(KickBox)
判定2-0 ※29-28、28-28、29-28
●白岡伸仁(平井道場)

▼オープニングファイト1 バンタム級(-55kg) 3分3R
○銀次(RICE GATE)
KO 2R2分14秒 ※左ボディフック
●リョウタ(鷹虎ジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果