TOP > 試合結果

【UFC】ラウジーKOしたホルムをシェフチェンコが破る番狂わせ

2016/07/24(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

シェフチェンコ(左)が、ロンダ・ラウジーをKOした元王者ホルム(右)に勝つ

Zuffa
「UFC FIGHT NIGHT-Holm vs Shevchenko-」
2016年7月23日(土・現地時間)アメリカ・イリノイ州シカゴ

▼女子バンタム級 5分3R
○ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(ペルー/UFC女子バンタム級7位)
判定3-0 ※三者とも49-46
●ホーリー・ホルム(アメリカ/UFC女子バンタム級2位)

 ホルムはボクシングで計18度世界王者となり、三階級制覇も達成。全階級を通じて最強の王者と評価されていたが、2011年にMMA(総合格闘技)に転向した。2015年11月にはあのロンダ・ラウジーをKOし、UFC女子バンタム級王座を奪取。しかし、今年3月の初防衛戦でミーシャ・テイトに敗れて王座を失い、今回が再起戦となった。

 対するシェフチェンコは“世界で最も危険な女”の異名を持つ打撃主体の選手。1R決着が12勝のうち6勝。テコンドー、サンボ、ムエタイをバックボーンに持ち、ムエタイでは69勝3敗という驚異的な戦績を残している。

 1R、サウスポーの両者は蹴りでけん制し合う。ホルムの右ストレートでシェフチェンコは尻餅をつくがすぐに立つ。ホルムは蹴りを多用してパンチを狙うが、シェフチェンコが胴タックルからテイクダウンに成功。ホルムはすぐに立ち上がり、組んだままヒザ蹴りを見舞う。

 2R、シェフチェンコは豪快なカカト落としを放つがこれは空振り。ホルムはサイドキックや前蹴りでけん制し、鋭いパンチのコンビネーション。シェフチェンコはホルムのパンチやローにバックハンドブローを合わせにいく。

 3R、ホルムの入り際に右フックを合わせにいくシェフチェンコ。自ら攻める時は左フックから入る。ホルムは蹴っていくがミドルをキャッチされてテイクダウンを奪われる。すぐに立ち上がったホルムだが、左目尻をカットして流血。そのホルムを押していき、シェフチェンコが2度目のテイクダウンを奪う。残り30秒、シェフチェンコが上からヒジを落としていき、ホルムはピンチに陥る。

 4R、ジャブとローでプレッシャーをかけるホルムをシェフチェンコは後ろ回し蹴りで脅かす。このラウンドは両者ローを多用。ホルムが手数を出し、シェフチェンコが数発ながらクリーンヒットを奪った展開。

 5R、ホルムの左フックをかわして右フックを叩き込むシェフチェンコ。さらに後ろ蹴りも見舞う。ジャブで前に出るホルムは前蹴りを出すと、シェフチェンコは後ろ回し蹴りをホルムの首辺りに命中させる。

 ジャブとローで前に出て手数を出すホルム。カウンターで的確に当てるシェフチェンコ。ラスト1分30秒を切るとホルムがさらに前へ出てパンチのコンビネーションで攻めていく。シェフチェンコもパンチとローを打ち返し、ワンツーをヒットさせてホルムを下がらせた。

 判定は3-0でシェフチェンコが元王者を破る番狂わせ。UFC女子バンタム級はタイトルマッチをやるたびに王者が入れ替わっており、ここにシェフチェンコが絡んでくるのは確実。UFC女子バンタム級戦線は混沌としてきた。

●編集部オススメ記事
・世界最強女王ラウジー、ホルムに衝撃KO負け
・ホルムが王座転落、ミーシャが新女王に
・ロンダ・ラウジーが水着のボディペインティング姿で表紙に


 

バルボーザ(右)が強敵メレンデス(左)を破り、タイトル戦線に浮上した

▼ライト級 5分3R
○エジソン・バルボーザ(ブラジル/UFCライト級6位)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●ギルバート・メレンデス(アメリカ)

 メレンデスは2004年から2007年まで日本を主戦場にし、川尻達也や佐藤ルミナと対戦した。2015年6月の試合後、薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たため1年間の出場停止処分を受け、今回が復帰戦。

 対するバルボーザはムエタイ出身で、25勝(22KO)3敗の戦績を残してMMA(総合格闘技)に転向した。UFCでは勝ったり負けたりを繰り返している。

 1R、ローを蹴ってくるバルボーザにメレンデスは長いリーチから右ストレートを合わせにいく。両者軽快なステップを踏みながら、バルボーザは左ミドル&左ローの蹴り、メレンデスはパンチとタックルを仕掛ける。

 バルボーザは後ろ蹴りをヒットさせたが、メレンデスのワンツーをもらって後退。動きながら回復を待つとバルボーザは打ち合いに行き、バックキックから左ミドルを見舞う。

 2R開始と同時に打ち合う両者。バルボーザは右アッパーを見舞い、メレンデスの仕掛けたタックルはかわす。バルボーザの右ローにバランスを崩して転倒するメレンデス。ここからバルボーザは左ミドルをヒットさせつつ右ローを狙い撃ち。

 これでバルボーザ優勢かと思われたが、メレンデスの右ストレートがヒットし、メレンデスが一気にラッシュを仕掛ける。両者一旦落ち着くとバルボーザは再び右ロー。残り10秒でバルボーザがメレンデスの蹴り足をキャッチしてテイクダウンし、上からパウンドを叩き込んだ。

 3R、バルボーザの右ローに体勢を崩し、後退するメレンデス。バルボーザは右ローを狙い続ける。もらうたびにメレンデスはヒザをガクッと折る。メレンデスのタックルは失敗。ならばとワンツーを伸ばすが、バルボーザはあっさりとかわす。最後は打ち合いを挑んだメレンデスだったが、劣勢を挽回するには至らずバルボーザが勝利を収めた。

ALL PHOTO=Zuffa, LLC (c) / GettyImages (c) 

●次ページはガヌーvsミハイロビッチのヘビー級戦ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果