TOP > 試合結果 一覧

【五輪レスリング】残り5秒の大逆転で登坂が金メダル

2016/08/18(木)UP

「リオ五輪 レスリング女子 フリースタイル48キロ級」
2016年8月17日(現地時間)カリオカアリーナ2

大逆転で金メダルを獲得した登坂絵莉

 世界選手権3連覇中の登坂絵莉(とうさか・えり=22=東新住建)は決勝で昨年世界選手権決勝で接戦の末、終了間際に逆転で破ったマリヤ・スタドニク(アゼルバイジャン)と対戦。前回のロンドン五輪の銀メダリストでもある。
 
 登坂は第1ピリオドでスタドニクに場外に出され1ポイントを許す。第2ピリオドでは開始30秒で登坂への注意となり、アクティビティタイム30秒を課せられる。この30秒で両者にポイントがないと相手に1ポイントが与えられる。ここで登坂はポイントを奪えず更に1点を許し0-2と差を広げられるが、次に相手が消極的注意でアクテビティタイム。ここで両者ポイントがなく、登坂に1点が与えられ1-2に。その後、ポイントを取り返すべく登坂は攻め続け、残り13秒で相手の右足を取り持ち上げ、残り5秒で倒し3-2と逆転。金メダルを獲得した。

 残り13秒で足を取りに行ったことについて登坂は「もうここしかないと思って。これで取れなかったら後悔すると思って、本当に力を入れて最後取りました」と喜びを口にした。

 登坂は初戦となる2回戦でジュルジス・エシモア(カザフスタン)に6-0で勝利、準々決勝でヘイリー・アウゲロ(米国)に11-2で準決勝へ。
 準決勝の相手は今年2月のアジア選手権で敗れている孫亜楠(ソン・ヤナン・中国)。第1ピリオドで孫にバックを取られ2ポイント先制されるも、慌てず第2ピリオドでバックをとって2-2、続けて足をとって相手を3度ローリングして一気に6ポイントを加点し8―3で勝利。決勝では大逆転勝利で金メダルを獲得した。

●編集部オススメ
伊調馨が五輪女子初の四連覇達成
土性沙羅が逆転金メダル

【動画】吉田沙保里、伊調馨らを輩出 名門・至学館大学レスリング部 これが金メダリストを生んだトレーニングだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧