TOP > 試合結果 一覧

【JFKO】白蓮会館が2階級制覇、元ムエタイ王者・秋元は悲願の初優勝

2017/05/14(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

超接近戦での突きの打ち合いが多かったが、離れると新田(左)は上段への蹴りも見せる

▼女子軽重量級決勝戦
〇新田華子(極真会館浜井派)
延長2回 判定3-2
●久原沙姫(成心會福岡支部)

 お互いに離れると上段への蹴りを放ち、すぐ接近して超接近戦で突きを打ち合う展開が続く。両者とも差をつけることが出来ず最終延長戦に突入し、新田が突きにヒザ蹴りを混ぜ始めたがやはり同じような展開が続く。

 甲乙つけがたい打ち合いのまま最終延長戦も終了し、マスト判定となり3-2の僅差で新田が接戦を制した。

 新田はこの大会に出場したいがために、高校を卒業してからは離れていた空手の世界に戻り、2年のブランク明けながらも初出場初優勝。まだ20歳と若く、今後が期待されるが「この大会のことしか考えていなかったので、今後のことはゆっくり考えます」とした。


 

久保田(右)は打ち下ろすストレートの突きを何発も藤原(左)に突き刺した

▼女子重量級決勝戦
〇久保田千尋(久保田道場)
延長戦 判定3-0
●藤原桃萌(新極真会福岡支部)

 下段回し蹴りの蹴り合い、突きの打ち合いで、久保田が終盤にやや回転を上げていったが本戦の判定は0-0。

 延長戦は、突きから蹴りの藤原に対して久保田は徹底した突きの連打。打ち下ろすようなストレートの突きを藤原のボディに連打し、さらにレバーにもアッパー気味の突きを当てていく。より突きをアグレッシブに放って行った久保田が判定3-0で勝利し、第1回大会以来の王座返り咲きを果たした。


 

■RESULT

▼男子軽量級
優 勝 秋元皓貴(七州会)
準優勝 寺崎昇龍(士衛塾)
3 位 大石航輝(芦原会館)
    竹中達哉(成心會福岡支部)

▼男子中量級
優 勝 福地勇人(白蓮会館)
準優勝 緑 武士(新極真会福岡支部)
3 位 田中裕也(山田道場)
    高野優希(新極真会世田谷・杉並支部)

▼男子軽重量級
優 勝 森田奈男樹(宮本道場)
準優勝 泉 魁斗(極真会館浜井派)
3 位 藤原将二郎(新極真会福岡支部)
    岡田秀一(新極真会長崎支部)

▼男子重量級
優 勝 山口翔大(白蓮会館)
準優勝 亀山 真(新極真会福岡支部)
3 位 長野義徳(新極真会兵庫中央支部)
    清水翔希(新極真会千葉南支部)

▼女子軽量級
優 勝 菊川結衣(芦原会館)
準優勝 手島海咲(新極真会神奈川東横浜支部)
3 位 大木優香(七州会)
    長島小夏(正援塾)

▼女子中量級
優 勝 富野真麻(飛心会)
準優勝 大場ももか(無限勇進会)
3 位 山口遥花(仰拳塾)
    漢由依奈(拳栄会館)

▼女子軽重量級
優 勝 新田華子(極真会館浜井派)
準優勝 久原沙姫(成心會福岡支部)
3 位 石原凛々(新極真会岡山東支部)
    諸石優花(新極真会福岡支部)

▼女子重量級
優 勝 久保田千尋(久保田道場)
準優勝 藤原桃萌(新極真会福岡支部)
3 位 木村敬代(武立会館)
    野邑心菜(新極真会宮崎市中央道場)

●編集部オススメ記事
・第1回大会の試合レポート「芦原会館が2階級、新極真は4階級を制覇」
・第2回大会の試合レポート「元ムエタイ王者の秋元、決勝進出も僅差で涙を呑む」
・第3回大会の試合レポート「前田優輝、菊川結衣が3連覇達成」
・【極真KWF】白蓮・山口がKWU欧州王者破り重量級制覇 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧