TOP > 試合結果

【パンクラス】久米が徳留を初回KOで初防衛、男泣き

2017/12/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2連勝してタイトル挑戦をアピールしていたアグオン(右)を下した松嶋(左)

▼第9試合 フェザー級 5分3R
〇松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜/パンクラス・フェザー級2位)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●カイル・アグオン(アメリカ/元PXCバンタム級王者、パンクラス・フェザー級3位)

 前回、元UFCファイターの粕谷優介に競り勝った松嶋と、8月大会でパンクラス・フェザー級1位のISAOを破った元PXC王者カイルの一戦。カイルは今年3度目の来日で、ISAO戦の前にはマッハ道場のコンバ王子にも判定勝ちしている。

 1R、松嶋がローをヒット、左ミドルも入れる。そして組みついてからグラウンドに移行すると、上を取る。スタンドに戻っても、ローから右ストレートを入れた。1Rはジャッジ3人とも10-9で松嶋。

 2R、松嶋の強烈なミドルがヒット。カイルは猫パンチのような変則パンチでラッシュ。ジャッジは2人が松嶋、1人がカイルに、それぞれ10-9を付けた。

 3R、松嶋はローなどキック主体で攻め、カイルはパンチで対抗。松嶋の足数の方がカイルの手数よりも多い。

 勝敗は判定にもつれ込み、ジャッジ2人が30-27、1人が29-28で3人とも松嶋に付け、松嶋が勝利した。

 松嶋はマイクで「こんばんは、パンクラスイズム横浜の松嶋こよみです。前回はUFCに行きたいって言いましたが、自分のいる階級でも外国人のチャンピオンがいるので、倒さなきゃいけないと思います」と、現フェザー級キング・オブ・パンクラシストのナザレノ・マレガリエの首を獲りに行くことを宣言した。


粕谷(左)の蹴り足をキャッチし、パンチを入れてテイクダウンするISAO(右)

▼第8試合 フェザー級 5分3R
○ISAO(NEVER QUIT/パンクラス・フェザー級5位)
判定3-0 ※ジャッジ三者とも30-27
●粕谷優介(総合格闘技道場CROWN)

 ISAOは元パンクラス・ライト級王者で、高谷裕之、リオン武、弘中邦佳、徳留一樹らビッグネームを破っている。しかし前回8月は元PXC王者カイル・アグオンに2-1のスプリット判定で敗れ、フェザー級ランキング1位から5位に転落する屈辱を味わった。

 対する粕谷は元UFCファイターで、前回は松島こよみのテイクダウン技術の前に判定負けを喫した。一昨年9月のUFCから3連敗を喫しており、後がない一戦だ。

 1R、粕谷のローにISAOがカウンターのパンチを合わせる。そして粕谷が再びローを出すと、これをキャッチしてテイクダウン。中盤、粕谷の指がISAOの目に入り中断。再開後は、ISAOが何度もテイクダウンし、パウンドを入れる。このラウンドはジャッジ三者とも10-9でISAOを支持。

 2R、ISAOの左右のフックがヒット。金網際でヒジも何発か入れる。粕谷のローブローで一時中断。粕谷は口頭で注意を受ける。再開後、ISAOがまたテイクダウンに成功。このラウンドもジャッジ三者ともISAO。

 3R、ISAOが打撃で攻勢。テイクダウンにも成功し、パウンドを入れていく。粕谷は、一度は立つが、また倒され、パンチやヒジを落とされる。

 判定はジャッジ三者とも30-27というフルマークでISAOが勝利した。

次ページ:藤井伸樹vs佐久間健太、キム・ミョンボvs東陽子

●編集部オススメ

・徳留がリベンジに懸ける想い告白、王者・久米も「全て出す」

・久米が徳留を初回KO、王座奪取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果