TOP > 試合結果

【ムエタイ】MOMOTAROフランスで再起飾れず

2018/02/01(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前へ出て勢いよく攻め込むメイヤー(左)に、MOMOTARO(右)は後退してしまった photo=Serge Trefeu

「ALL STAR MUAY-THAI」
2018年2月1日(木・現地時間)フランス・パリSALLE WAGRAM

▼59.0kg契約 3分5R
〇アーサー・メイヤー(フランス/ARTHUR MEYER)
判定2-0 ※48-48、49-47、50-46
●MOMOTARO(OGUNI-GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)

photo=Serge Trefeu

 メイヤーはMOMOTAROと同じ27歳で、戦績は41戦29勝(12KO)12敗。MOMOTAROは昨年11月23日、RISEのトーナメントに出場し、決勝戦で内藤大樹にKO負けを喫しており、今回が再起戦となった。両者ともサウスポー。

 1Rから両者組み合ってのヒジ・ヒザ蹴りの攻防。フランスのレフェリーは完全に膠着しないとブレイクせず、首相撲の展開が続く。またフランスではコミッションがヒジ打ちはエルボーパット着用と定めているため、パットを着けてのヒジ打ちとなる。すぐに組み付くメイヤーをMOMOTAROは蹴りで突き放す。

photo=Serge Trefeu

 2R、離れての蹴りからパンチを繰り出すMOMOTAROに、メイヤーは組み付いて首相撲を仕掛ける。MOMOTAROをロープに押し付けてのヒジとヒザ。離れるとMOMOTAROがハイキックと前蹴り、左ストレートをヒット。

 3R、パンチと蹴りでは左右に構えをスイッチするMOMOTAROが優勢。ならばとメイヤーは首相撲に持ち込む。メイヤーの後ろ蹴りにMOMOTAROはバックハンドブローを返す。メイヤーはしつこく組み付いてのヒザ蹴り連打。

photo=Serge Trefeu

 4R、両者が飛び込んで放つ派手な前蹴りを応酬した後は、メイヤーがやはり組み付いてパワーでMOMOTAROをロープへ押し込んでのヒザ蹴り。MOMOTAROもヒジとヒザで応戦する。前に出てくるメイヤーにMOMOTAROは下がりながら蹴りを出すが、メイヤーもローとフックを返して首相撲からのヒザ蹴り。このしつこい首相撲にスタミナを奪われるMOMOTARO。

photo=Serge Trefeu

 5Rも前へ出て蹴り、組み付いてくるメイヤー。MOMOTAROはワンツーで迎え撃つが、下がらされて印象が悪い。MOMOTAROはヒジ打ち、左ストレートで抵抗も勢いよく攻めてくるメイヤーに後退し、ジャッジ1者が48-48のドロー、2者が49-47、50-46の判定2-0でメイヤーの勝利となった。

 メイヤーはタイに住んで練習、試合を行っている選手だけに、首相撲などのムエタイのテクニックに優れていた。

●メイヤーvsMOMOTAROの試合動画

●編集部オススメ

・MOMOTAROが敵地フランスで再起戦

・内藤がMOMOTAROをKOして優勝、那須川天心とのリベンジマッチへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果