TOP > 試合結果

【ボクシング】山中竜也が触れさせずTKOで圧勝の初防衛。カジェロス「ギブアップしました」

2018/03/18(日)UP

山中(左)が多彩なパンチでカジェロス(右)を圧倒

 318日(日)兵庫・神戸ポートピアホテルにてプロボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチが行われ、王者・山中竜也(22=真正)が挑戦者で同級4位のモイセス・カジェロス(28=メキシコ)を8回終了時TKOで破り初防衛に成功した。

山中の右アッパーでカジェロスの顔が反転する

 山中は序盤から左のジャブと左右のボディストレートを離れた間合いからヒットさせ、2Rには山中の右アッパーでカジェロスの顔が反転し、鼻から出血させるなど完全に山中のペース。カジェロスのボディは時折ヒットするが山中のペースは落ちない。

 3R以降も山中は攻撃を多彩にボディと顔にヒット。カジェロスは手数を出し返していくが山中からヒットをなかなか奪えない。

 8Rには左ボディ、左フックを同じフォームとタイミングで出し、どちらが来るか予測できないままカジェロスはパンチを立て続けにもらう。ここをチャンスと見た山中はパンチを連打しカジェロスはコーナーに詰められ防戦一方。ラウンド終了のゴングが鳴り、お互いコーナーに戻ると、カジェロス陣営は棄権。山中の圧倒的なボクシングだった。

 一般的に難しいと言われる初防衛戦を勝利で飾った山中は、今までの試合で一番ホッとしたと言うが「納得いく内容でもないですし、これからもっとレベルアップして長谷川さんに少しでも近づけるチャンピオンになるように頑張ります」とマイクアピールした。

 一方、カジェロスは試合後「山中はスピードがあり良いボクサーで、自分のボクシングが出来ませんでした。途中で諦めるつもりはありませんでしたが、非常に疲れてしまいギブアップしました」と何もさせてもらえずギブアップに至ったとコメントした。

●編集部オススメ

・挑戦者カジェロスが計量パス、同国ネリとは「全く別の人間だ。関係ない」

・山中竜也、挑戦者のKO宣言に「KOされないし勝つのは俺」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果