TOP > 試合結果

【ボクシング】WBSSのスーパーライト級は王者レリクが判定勝利「相手はタフで驚いた」

2018/10/07(日)UP

レリクが始終アグレッシブに攻め判定勝利

 10月7日(日)神奈川・横浜アリーナで開幕した『WORLD BOXING SUPER SERIES』のスーパーライト級一回戦でWBA世界スーパーライト級チャンピオンのキリル・レリク(28歳・ベラルーシ)が同級1位エドゥアルド・トロヤノフスキー(38歳・ロシア)に判定3−0で勝利した。

トロヤノフスキー(右)もカウンターで攻める

 レリクは24戦(22勝2敗)のうち19勝がKO勝利という高いKO率を誇るハードパンチャー。対するトロヤノフスキーも28戦(27勝1敗)のうち24勝がKO勝利というハードパンチャーでKO必至の対決と注目されていた。

 王者・レリクは1Rから圧力をかけ前へ。右をヒットさせトロヤノフスキーはぐらつく。更に2Rも右をヒットさせ会場がざわめく。3Rは打ち合いの中、レリクの左がヒット、トロヤノフスキーはレリクが出てきたところにフック、アッパーを合わせヒットさせる。

レリクの右フックがヒットする

 4R、レリクの大振りのフックがヒット、そして連打。トロヤノフスキーは防戦一方になるがクリーンヒットは逃れる。
以降もジャブの打ち合いから機を見て前に飛び込み連打に行くレリクに、トロヤノフスキーは打ち終わりを狙いヒットを狙う展開。

王者レリクが判定勝利

 9Rにもレリクの右フックで動きが止まり防戦一方になるトロヤノフスキーだったが、最終の12Rではワンツーの右をヒットさせ、レリクを仰け反らせるなどの見せ場を作った。それでも判定は3者とも115-113でレリクが勝利した。

 勝ったレリクは「KOを狙いすぎて倒せなかった。タフな相手だった。これだけ攻めても倒れなかったのは私も驚いた」とトロヤノフスキーを褒めた。

●編集部オススメ

・WBSSのスーパーライト級1回戦は、KO必至のハードパンチャー対決。王者レリク「明日はしっかりフィニッシュしたい」

・まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果