TOP > 試合結果

【敬天愛人】異種格闘技トーナメントで菊野克紀が優勝

2018/11/14(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パンチを放ち、気迫で前に出る菊野(左)が川村(右)を破ってトーナメント制覇

敬天愛人実行委員会
「敬天愛人」
2018年11月11日(日)鹿児島アリーナ

菊野は1回戦で岩崎徳正(数見空手)と空手家対決。TKO勝ちした

 元UFCファイターの菊野克紀(チームKIKUNO)がプロデュースする格闘技イベント『敬天愛人(けいてんあいじん)』が、菊野の地元・鹿児島にある鹿児島アリーナで初開催された。

 本イベントの注目は、菊野自身を含む異種格闘家8人による体重無差別ワンデートーナメント。菊野をはじめ、パンクラスライトヘビー級&ミドル級二階級制覇王者のロッキー川村(パンクラスism)、モンゴル相撲大関のバル・ハーン(モンゴル)、ITFテコンドー全日本3連覇の中野元(テコンドー富山道場)、極真会館(松井章奎館長)主催第9回全世界空手道選手権大会準優勝者のヤン・ソウクップ(チェコ)、空手家の岩崎徳正(数見空手)、キックボクサーの森謙太、総合格闘家の柳勝利の8人が出場した。

極真時代に鹿児島県支部でともに汗を流したソウクップ(左)とは大接戦に

 直径8メートルの円形闘技場の上で戦い、ルールは菊野が主戦場とする巌流島ルールをベースとし、立ち技・寝技ともに有効。闘技場から3回の押し出し、KOや一本で決着が付く。試合時間は3分1Rで行われ、時間内にKOや一本などで決着が付かなかった場合は、観客(主審)がどちらの選手に感動したかなどの主観で全員に配られるパンフレットの表と裏で指示表明し、観客の採点により勝敗が決まる(過半数以上の支持を得られなかったら副審による一般的なジャッジとなり、それでも決着が付かない場合は延長戦となる)。

ソウクップにパンチを伸ばす菊野

 また、体重は無差別で、衣装はそれぞれのバックボーンの衣装(空手家は空手衣、キックボクサーはキックパンツ、相撲取りはまわし)と異種格闘技感を全面に打ち出したものに。そして、試合開始後、2分30秒間は声援を禁止し、ラスト30秒から声援が解禁されるなど、今までの格闘技大会にはない斬新な独自ルールの元、行われることとなった。

ソウクップ(左)に副審判定で勝利した菊野

 一回戦で岩崎と対戦した菊野は、序盤から右フックを当てて先制すると、2度の押し出しで優位に試合を進める。最後にテイクダウンした菊野がパウンド連打でレフェリーストップを呼び込み快勝。

 続く準決勝で菊野は、一回戦でハーンにマウントパンチによるTKO勝ちを収めたソウクップと対戦した。身長185㎝、体重100kgのソウクップに対し、菊野は身長169㎝、体重77.0kg。体格差に苦戦を強いられる菊野だが、ソウクップと激しい打ち合いへ。ソウクップの右ハイをもらうも、菊野は組み付いて反り投げでテイクダウンしパウンド連打で反撃に出る。

川村を3度押し出して優勝を決めた菊野

 本戦では決着が付かず、延長戦へ。ソウクップの左ハイをもらう菊野だが、前に出続けテイクダウンし上を取るとパウンド連打で優勢を印象付ける。観客から過半数の支持を得られず、3人の副審の支持を得た菊野が決勝進出を決めた。

 決勝戦では、反対ブロックから勝ち上がってきた川村と激突。これまで実現しなかった夢のカードに場内がどよめく中、菊野は変わらず前に出るファイトスタイルで右ストレートを川村に炸裂させダウンを奪う。ダメージの残る川村に、プレッシャーをかけ続ける菊野が3度の押し出しを決め、見事優勝を果たした。

 マイクを握った菊野は「ありがとうございます。もう出てくる言葉がありがとうございますしか出てきません。大会開催を決めてから今までずっと怖かったです。今日までたくさんの人を巻き込みました。今日の試合も怖かったです。感謝の連続、奇跡の連続でした。命にも限りがあります。だから今が輝きます。勇気を出して自分のことを好きになりましょう。感謝して幸せになりましょう。この敬天愛人が道場です。みんなの人生が一歩前に進んでくれたら成功です。みんなでヒーローを目指しましょう。今日はありがとうございました!」と感謝の意を述べ、深々と頭を下げた。
 
<トーナメント結果>

▼第14試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント決勝戦
〇菊野克紀(チームKIKUNO)
一本 ※押し出し×3回
●ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
※菊野がトーナメント優勝

▼第9試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント準決勝
〇菊野克紀(フリー)
延長判定
●ヤン・ソウクップ(チェコ)

▼第8試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント準決勝
〇ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
TKO ※レフェリーストップ
●柳 勝利

▼第5試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント一回戦
〇菊野克紀(フリー)
TKO ※レフェリーストップ
●岩崎徳正(数見空手)

▼第4試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント一回戦
〇ヤン・ソウクップ(チェコ)
TKO ※レフェリーストップ
●バル・ハーン(モンゴル)

▼第3試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント一回戦
〇柳 勝利
TKO ※レフェリーストップ
●中野元

▼第2試合 異種格闘技体重無差別8人ワンデートーナメント一回戦
〇ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
判定
●森謙太

▼第1試合 リザーブファイト 
〇岩切大地(伝統派空手)
判定
●ツチヤマン(レスリング・MMA)

●編集部オススメ

・観客がジャッジし、応援禁止の異種格闘技イベントに菊野克紀やロッキー川村など参戦

・「主審は観客」の菊野克紀主催大会に、極真世界大会準優勝のヤン・ソウクップが参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果