TOP > 試合結果

【ムエタイ】39歳・石毛慎也がヒジでTKO勝ち

2018/11/14(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

39歳にしてムエタイの殿堂ラジャダムナンでTKO勝ちを飾った石毛(左)

「スックチューチャルンムエタイ」
2018年11月14日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第8試合 158P契約
●ヨードリット・ソーウィセット(タイ)
TKO 2R
〇シンヤ・ホクセイジム(石毛慎也/39=LAILAPS東京北星ジム)

 元NKBウェルター級王者で、現LAILAPS東京北星ジム代表の石毛慎也がラジャダムナンスタジアムに出場した。

 石毛は現在39歳。選手としては決して若くはないが、石毛自身が鍼灸マッサージ師の国家規格を持つことや、ジム経営と接骨院での現場に携わる中で、体のケアやより良い減量方法なども身につけ、この年齢まで現役活動している。日本での試合は20代で締めくくり、30歳以降はタイでしか戦っておらず、そういった現状ではタイの方が試合が決まりやすい。今回は2016年5月のラジャダムナン以来の試合だ。

 試合は初回、ヨードリットが素早いミドルキックを蹴り上げると石毛は距離を詰めローキックを合わせた。このローが絶妙な角度でヒットし、石毛が「ローを蹴ったら三発目くらいで効いたのがわかった」というように、当たった瞬間、ヨードリットがバランスを崩す場面も。

 石毛はセコンド陣からの「さらにローキックを蹴り続けろ」という指示どおり、ローを軸に攻撃を散らす。石毛のヒット数が目立ち始めたところで、初回終了ゴング。

 だが2Rからヨードリットが本来の攻めを見せはじめた。ヨードリットは足が効いていたのか、早い回で決着をつけようとミドルの連打で石毛を追いつめた。そこに石毛はパンチを連打、そして最後はボディー打ちをヒットさせると、ヨードリットは石毛のボディー打ちに対し、すかさずヒジ打ちを合わせてくるテクニシャンだった。

 そして石毛をパンチやローキックの距離に入れまいと、ミドル、前蹴り、またミドルと、一秒間隔で蹴り上げてくるほどの連蹴りをみせた。

 この蹴り数には会場も圧倒され、誰もが“やはりヨードリットの若さには敵わないのか…”と思う程に。早くも石毛はヨードリットの連蹴りに対処できず、棒立ち状態になってしまった…と思いきや、石毛が素早く放った右ヒジがヨードリットの鼻頭にヒット。

 その瞬間ヨードリットは後ろに仰け反り崩れ落ちた。レフリーはカウントを数えるもヨードリットはピクリとも動かず、カウント6で石毛のTKO勝ちを宣言。一瞬何が起こったか分からないほどのコンパクトなヒジ打ちだったが、

 石毛が「相手のスタミナが切れるようにボディーを打って様子を見て、止まった瞬間にパンチまとめたら、右上が空いたのが見えたので、即座にヒジを振ったら当たった」と言う様に相手のガードの隙を見つけると同時にヒジ打ちを決めることができた。

 石毛曰く、「ジムで会員さんのミットを持つようになり、相手を観察して瞬時に隙を見つける事ができるようになった」と語るが、40戦以上を戦ってきて、右の打ち下ろしたヒジ打ちで相手を倒したのは初めてとの事だ。

 石毛は勝利後の感想として、「こんな年齢までやってきて怪我も多かったけど、競技も仕事も両立したなかで復帰でき、次世代に何を聞かれても答えられると思う。今回で現役は終わり、という気持ちで、締めくくりとして臨んだ試合だけど、自分よりも6つも年上でも日本一華がある大月さん(大月晴明)に憧れる気持ちもある。今回TKO勝ちできた事で、またラジャダムナンで試合ができるのならば…」と、その心境を語った。

 今回が現役最後として挑んだラジャダムナン参戦だったが、今後、石毛の現役続行はあるのだろうか。

Photo & Text : 早田寛 HiroshiSoda

●編集部オススメ

・35歳・石毛の挑戦、ラジャでTKO勝ち

・石毛慎也、ラジャ王座再挑戦もTKO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果