TOP > 試合結果

【ROAD FC】女王ハム・ソヒ、健在の強さでV2達成

2018/12/16(日)UP

パンチで前に出るソヒ(左)

ROAD Fighting Championship
「ROAD FC 051 XX」
2018年12月15日(土・現地時間)韓国・ソウル グランドヒルトン・コンベンションセンター
Photo by ROAD FC

▼メインイベント ROAD FC女子アトム級タイトルマッチ 5分3R
○ハム・ソヒ(31=韓国/元DEEP JEWELSアトム級王者/王者)
判定3-0
●パク・ジョンウン(22=韓国/挑戦者)
※ソヒが2度目の防衛に成功。

 ソヒは2014年に韓国人女性として初めてUFC参戦を果たした先駆者。国内復帰戦となった昨年6月の初代ROAD FC女子アトム級王座決定戦で、当時のDEEP JEWELS同級王者・黒部三奈にTKO勝ちすると、その半年後にも初回KO勝ちで初防衛に成功し、健在ぶりを存分にアピールした。以降は負傷もあって戦線離脱を余儀なくされていたが、今大会で1年ぶりの実戦復帰となる。

 挑戦者のパクは伸び盛りの若手エース。近年は日本を主戦場としており、黒部と現DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智に敗れはしたが、いずれも判定まで持ち込んでいる。ROAD FC凱旋となる今大会で、王座奪取とともに母国の先駆者超えを目指す。

 1R、ソヒがサウスポー、パクはオーソドックスに構え、細かいジャブで互いの出方をうかがう。緊迫感が高まる中、右ストレートを躊躇したパクに対し、ソヒがすかさず左ストレートをヒット。ソヒのプレッシャーを受け始めたパクは左右への移動を繰り返す。間合いが狭まったところでワンツーが交錯し、両者はそのまま組みの攻防に。ソヒが終了間際に足をかけてテイクダウンを奪った。

 2R、パクはソヒのワンツー連打をかわしながら右アッパー。前に出て圧力をかけるソヒに対し、パクは左ジャブと関節蹴りを入れ、右ハイから即座に右ストレートを打つ。ソヒも譲らず、パンチのコンビネーションからクリンチに持ち込んでのヒザ蹴り。さらに終了間際、ソヒはパクの前蹴りをキャッチしながら右フックを叩き込み、直後に投げでテイクダウンも決める。パクはマウントも許してしまった。

 3R、ソヒはパクのタックルを上から潰し、すぐに腕を取りにいく。これを防いだパクは強引にケージまで押し込むも、ソヒに押し倒されて上を取られる苦しい展開。パウンドを落とすソヒに対し、パクもヒザ十字で応戦するが逆転ならず。流石の強さをみせたソヒが判定3-0で完勝し、2度目の王座防衛を果たした。


マウントからの鉄槌を浴びるイェジ(下)

▼セミファイナル 女子アトム級 5分2R
○イ・スヨン(24=韓国)
判定2-1
●イ・イェジ(19=韓国)

 イェジは昨年3月にDEEP女子フライ級王者しなしさとこを破ったROAD FC期待の女子エース。しかし、しなし戦後は現DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智と荒井みかに連敗を喫しており、今大会ではMMAデビュー戦のスヨンを相手に再起を目指す。

 1R、持ち前の強烈なパンチを振るって前に出るイェジだが、左ミドルを蹴ったところで、スヨンの左フックを喰らってダウン。それでもイェジはすぐに立ち上がってスヨンを組み伏せると、マウントも奪ってパンチとチョークで攻める。

 2R、打撃戦から今度はスヨンが首投げでイェジの背後を取り、テイクダウンに成功。ヒザ十字を防がれたイェジは、マウントを許して強烈な鉄槌の連打を浴び続ける。終了間際に奪取したイェジがテイクダウンを決めるが追撃ならず。イェジはMMAデビュー戦のスヨンに逆転を許し、スプリット判定負けで苦しい3連敗となった。


▼女子アトム級 5分2R
○シム・ユリ(韓国)
TKO 2R 4分08秒
●シ・ミン(中国)

▼女子60キロ契約 5分2R
○ローワン・ピルガー(アメリカ)
判定3-0
●キム・ヨンギ(韓国)

▼女子50.9キロ契約 5分2R
○ホン・ユンハ(韓国)
一本 1R 1分44秒
●ベク・ヒョンジュ(韓国)
※ヒョンジュは計量オーバーのため10ポイントの減点。試合は女子アトム級から50.9キロのキャッチウェイトに変更して実施。

▼86キロ契約 5分3R
○ミシェウ・ペレイラ(ブラジル)
KO 1R 41秒
●チェ・ウォンジュン(韓国)

▼フェザー級 5分2R
○パク・ヒョングン(韓国)
判定3-0
●シン・スンミン(韓国)

▼72キロ契約 5分2R
○ムングントスズ・ナンディンエルデン(モンゴル)
KO 1R 2分42秒
●ヨ・ジェウ(韓国)

▼ライト級 5分2R
△ジャン・チャンヒョク(韓国)
ドロー 判定1-1
△マックス・ハンダナギッチ(チェコ)

▼ライトへビー級 5分2R
○キム・テイン(韓国)
TKO 2R 50秒
●キム・ジフン(韓国)

●編集部オススメ

・1年ぶり復帰の女王ハム・ソヒ、V2戦の計量パス

・ハム・ソヒが石岡沙織に逆転一本勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果