TOP > 試合結果

【ボクシング】拳四朗が5度目の防衛に成功、大差の判定もダウン奪えず反省点

2018/12/30(日)UP

最終ラウンドでボディを打ち込む拳四朗

 12月30日(日)、東京・大田区体育館にてプロボクシング『WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ』が行われ、王者・拳四朗(26=B.M.B)が挑戦者で同級7位のサウル・フアレス(28=メキシコ)を判定3-0(120-108、119-109、119-109)で破り、5度目の防衛に成功した。相手にクリーンヒットはもらわなかったものの、しかしダウンは奪えず、連続KO勝利記録は3でストップした。

 拳四朗は得意の左ジャブと右ストレート、フックを繰り出し2Rにフアレスの鼻から出血。
 早い試合決着になるかと思われたが、拳四朗のクリーンヒットからの追撃もフアレスは頭を振ってうまく逃れる。

 中盤ラウンド以降、拳四朗はボディブローも多く出し、相手の動きが止まる場面も多く、会場からは「ボディ打ってけ!」と声援が飛ぶ。

 8R以降、ラウンド毎に拳四朗の右ストレートがヒットし、コーナーに詰めて連打して行くが倒しきれず。

 最終Rは、お互いボディの打ち合いとなり、拳四朗はボディに集中する。終盤コーナーに詰め連打したが、試合終了。始終、拳四朗のペースだったがダウンは奪えなかった。

 試合後のインタビューで「相手に合わせすぎたところが反省点。頭を振ってくるし。距離がつかめなかった」と拳四朗は述べた。

●編集部オススメ

・「拳四朗を9RまでにKOする!」挑戦者がKO宣言

・メリンドの動きを止めた、拳四朗を勝利に導いた3つのジャブ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果