TOP > 試合結果

【ボクシング】パッキャオ、初防衛に成功。メイウェザー戦に「いつでも準備はできている」

2019/01/20(日)UP

パッキャオが初防衛に成功した(Getty images)

 1月19日(日本時間20日)に米ラスベガスのMGMグランドガーデンでWBA世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(40=フィリピン)が挑戦者エイドリアン・ブローナー(29=米国)を判定3-0で下し初防衛に成功した。

 6階級制覇王者のパッキャオと元4階級制覇王者のブローナーの一戦。パッキャオが『Eye of the Tiger』の入場曲で登場すると満員の会場からは大歓声、ブローナーが登場すると大ブーイングに。ブローナーは「ザ・プロブレム(問題を起こす男)」のニックネームどおり、トラブルが多く世界戦で2度の体重超過を犯したのをはじめ、強盗事件にかかわって身柄を拘束されたり、飲酒運転で収監されたりとリング外でもトラブルを重ねる。まるで勧善懲悪のような対戦となった。

 試合は1Rからパッキャオが圧力をかけジャブから機を見ては飛び込んでパンチを連打。ブローナーは様子を見ているのか手を出さずロープに詰められるシーンも。40歳初戦とは思えないようなフットワークとスピードに観客は湧く。

 3、4Rにはブローナーがパッキャオの打ち終わりを狙ってパンチを返して行くもパッキャオの積極的な姿勢は変わらなかったが、6R 、パッキャオの踏み込み、打ち終わりに合わせブローナーのパンチがヒットし始める。

 しかし7R、パッキャオの左がクリーンヒットし動きが止まるブローナー。パッキャオの連打にロープを背に防戦一方に。しかし、翌8Rは打ち疲れか手数が少なくなるパッキャオ。

 9R後半、パッキャオの左ストレートがブローナーの顎に入り、腰から一瞬崩れるブローナー。そこを見逃さずパッキャオが連打。ブローナーはまたも防戦一方に。

 10、11R。12Rと前に出るパッキャオに対しブローナーはアウトボクシングで対処。パッキャオが踏み込んできたタイミングにパンチを合わせるブローナー。パッキャオはなかなか踏み込めずヒットを与えられないがブローナーもまたヒットには至らない。パッキャオが思い切って連打に行くと足を使ってリングを動きまわり当てさせないブローナー。積極的な攻めと手数が評価されたか。117-111、116-112、116−112と判定で差をつけた。
 生中継したWOWOWが報じたパワーパンチ(ジャブ以外のパンチ)のヒット数はパッキャオ109に対しブローナー49だった。

前日計量を終え、ブローナーとフェイスオフするパッキャオ

 勝ったパッキャオにインタビュアーがこんなに多くのパンチを繰り出す40歳は凄いと評すると「嬉しいですよ。神にこの能力を貰えたことが」と感謝し「今後はもっとアグレッシブに行きたいです」と意気込んだ。
 パッキャオのインタビュー中、この一戦を会場で見ていたフロイド・メイウェザーにカメラが向けられると、メイウェザーは指を一本立てて何やら自信ありげなポーズ。
 メイウェザーとの再戦はあるかと聞かれると「彼がその気なら。いつでも準備ができている」とコメントした。

 また、負けたブローナーは「勝ったのは俺だ!」と豪語。会場から再びブーイングを浴びていた。

WOWOW番組情報
『エキサイトマッチスペシャル アジアの英雄 パッキャオ防衛戦!』
【放送日】1月21日(月)午後8:00 [WOWOWプライム]
ボクシング界のスーパースター「パッキャオ」が元4階級制覇王者ブローナーを迎え、再起戦で獲得したWBA世界ウェルター級王座の初防衛戦に臨む
・ゲスト解説:亀海喜寛(第33代日本スーパーライト級王者、第38代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者)

●編集部オススメ

・パッキャオ初防衛戦へ向け計量パス「KOするためにベストを尽くす」

・マニー・パッキャオが問題児ブローナーと来年1月に防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果