TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】井上岳志、接近戦挑むも王者ムンギアの牙城崩せず

2019/01/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

31戦全勝(26KO)の怪物王者ムンギア(左)に挑んだ井上(右)だが、判定負け(写真は23日に行われた公開練習時のもの)

 1月26日(日本時間27日)アメリカ・テキサス州ヒューストンにて行われたWBO(世界ボクシング機構)世界スーパーウェルター級タイトルマッチで、王者ハイメ・ムンギア(22=メキシコ)が同級3位の井上岳志(29=ワールドスポーツ)を判定3-0で下し、3度目の防衛に成功した。

 1R開始早々、詰める井上に距離を取るムンギア。井上の連打でムンギアはロープを背にする。
後半に入るとムンギアはジャブの連打からボディ、右フックと連打。井上はしっかりガードする。

ムンギアを見上げる井上。身長差は10cmあった

 2R、井上の右のロングフックがヒットするもムンギアもワンツーボディブローのコンビネーションを多く出しムンギアの左ボディブローがヒット。井上が前に圧力をかけて接近戦からの右フックで優勢。ムンギアは下がりながらのボディブローという展開。井上の超接近戦戦法が順調に運び互角以上の戦いを見せる。

 8Rには圧力をかける井上が距離を詰めての右フックを3発、4発と面白いように決まる。
9Rには井上の右で一瞬ぐらつくムンギア、しかし、10R終盤にムンギアの左フックがヒット。そこからの連打で井上はダウン寸前になるもゴングに救われる。

 その後持ち直し井上は圧力をかけて行くが、手数は落ちたか。最終ラウンドまで戦い抜きここまで苦しんだムンギアは例がないほど追い込んだ井上。しかし判定は3-0でムンギアに。120-108、120-108、119-111と差が開いてしまった。

●編集部オススメ

・身長差10cm、KO率84%の怪物王者に井上岳志「接近戦は噛み合う」(動画あり)

・井上尚弥が衝撃KOシーンを解説、70秒のドラマ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧