TOP > 試合結果

【ONE】猿田洋祐が敵地で衝撃KO負け、初防衛ならず

2019/04/13(土)UP

猿田(左)のパンチに対し、得意の蹴りで応戦するパシオ(右)

ONE Championship
「ONE: ROOTS OF HONOR」
2019年4月12日(金・現地時間)フィリピン・マニラ モール・オブ・アジア・アリーナ

▼セミファイナル 総合格闘技 ONE世界ストロー級タイトルマッチ 5分5R
●猿田洋祐(31=和術慧舟會HEARTS/王者)
KO 4R 2分43秒
○ジョシュア・パシオ(23=フィリピン/挑戦者)
※猿田が初防衛に失敗、パシオが新王座に就く。

 現在、『修斗』と『ONE Championship』(略称ONE)で世界ストロー級王座のベルトを巻く猿田が、ONEのフィリピン大会に出撃。地元選手のパシオを挑戦者に迎え、ONE世界王座の初防衛戦に臨んだ。

 両者が拳を交えるのはこれが2度目。初対決は今年1月のONE世界ストロー級タイトルマッチで、その時は猿田が激戦の末に判定2-1で勝利し、パシオからベルトを奪取している。戦績は猿田が19勝8敗3分、パシオが13勝3敗。今回は中3カ月でのダイレクトリターンマッチだ。

 1R、猿田は前後左右にステップしたり、重心を上下させたりしながら、左ジャブと左フックのフェイントも入れる軽快な動き。パシオが左右フックから前に出んとしたところで、猿田は素早くタックルを決める。

 猿田は上を取ってヴォンフルーチョーク(変形肩固め)の体勢。パシオはブリッジで外してスタンドに戻すが、続く打撃戦で猿田の強烈な右フックを喰らい、ダウン気味に尻餅を着く。猿田はすかさずパウンド。パシオがスクランブルに持ち込もうとすると、猿田は深追いせずに立ち上がった。

 2R、いったんペースを落ち着かせた両者だが、相手の仕掛けにはカウンターで反応。猿田が右ストレート、左フック、右オーバーハンドの連打を放てば、パシオが下がってかわしながらの右アッパー。パシオが得意のバックスピンキックや左右ハイを繰り出せば、猿田はすかさずタックルから組みにいく。

 3R、猿田は序盤にタックルでテイクダウンにいくが、ここはパシオがギロチンチョークで粘ってスタンドに戻す。以降の打撃戦では、パンチで仕掛ける猿田に対し、パシオがバックスピンキック、右オーバーハンド、左右ハイのカウンターを積極的に合わせにいく。

猿田(右)の頭部に炸裂するパシオ(左)の蹴り

 4R、開始直後に組みつく猿田。パシオは左ボディの連打を入れながら、猿田の組みを上手く捌いて距離を取る。するとほどなく、猿田がパンチを打たんとしたところで、パシオが強烈な右ハイのカウンター。ヒザの辺りで頭を打ち抜かれるかたちとなった猿田は、前方にばたりと倒れ込み、勝負はこれで決した。

 猿田はKO負けで初防衛に失敗。パシオが中3カ月での再戦で雪辱と王座奪還を果たすこととなった。

 割れんばかりの歓声の中、取り戻したベルトを天に掲げパシオは、「言葉にならない気持ちだ。今日ここで自分を支えてくれた人々と神に感謝したい。前回の対戦では自分の中にためらいがあった。今回はその経験を糧にして戦えたと思う」と、勝利のコメントを述べた。

●編集部オススメ

・猿田洋祐、ジョシュア・パシオとの激戦制し新王者に

・和田竜光が52秒で一本勝ち、グランプリ参戦に名乗り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果