TOP > 試合結果

【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

2019/04/15(月)UP

右ミドルと右ストレートを中心に攻め、競り勝ったファーペンヌン

BOMプロモーション『The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.1』
日時:4月14日(日) 横浜大さん橋ホール

▼BOM SUPER FIGHT 56.50kg契約 3分5R
○ファーペンヌン・PKセンチャイジム(タイ/ルンピニースーパーバンタム級6位)
判定3-0 ※3者とも49-48
●波賀宙也(立川KBA/WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

 ルンピニースーパーバンタム級6位の現役ランカーのファーペンヌンにWBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者の波賀が挑む。

波賀は打ち合いを挑み大健闘

 1R、ファーペンヌンは波賀の前蹴りに左ストレートを合わせると、その後は右ローから右ストレートを何度も仕掛けてくる。さらにミドルをヒットさせ快音を響かせ波賀は防戦を余儀なくされる。
 2R、お互いミドルを蹴り合うが、波賀のミドルはガードされ、波賀はボディにヒットを許す。しかし波賀はファーペンヌンを前蹴りでコカすと、首相撲でヒザ合戦に持ち込むなど反撃に転じる。

 3R、ファーペンヌンの首相撲からの右をもらうなど組み合っても主導権を握られるが、4Rにはファーペンヌンのミドルやヒザ蹴りにパンチを合わせるなど一進一退の攻防を展開。

 最終ラウンドもファーペンヌンのミドルの連打をもらってしまうが波賀はお構い無しに前に出てカウンターでパンチを合わせる。好勝負を展開したが、ジャッジは全て1ポイント差で惜しくもファーペンヌンの勝利となった。


キヨソンセンが前蹴りで突き放す

▼BOM SUPER FIGHT 61.00kg契約 3分5R
○キヨソンセン・FLYSKY GYM(FLYSKY GYM/WMCインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者)
TKO 2R 2分23秒 ※右まぶたカットによるドクターストップ
●リク・シッソー(トースームエタイシンジム/WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)

 1R お互い様子を見るように軽くローを蹴り合うが、残り時間1分を切ったところでキヨソンセンのパンチがリクの顔を捉え始める。
 2Rは首相撲からの膝蹴りの展開になるが、キヨソンセンが首相撲からの肘でリクが右まぶたをカット。レフェリーが試合を止めキヨソンセンのTKO勝利となった。

▶︎次ページは竜哉、朝陽のKO劇

●編集部オススメ

・17歳・名高がラジャダムナン王座奪取、日本人7人目の快挙

・17歳でラジャ王者になった名高、前人未到の記録達成へ

・【ムエタイ】吉成名高が日本人初のIBFムエタイ世界王者に

・16歳の天才・吉成名高が衝撃的KOで世界王座を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果