TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】久保隼が中国のシューに連打浴び無念の6R TKO負け

2019/05/27(月)UP

シューの左フックが多くヒットした

 5月26日(日)中国・江西省撫州市で『WBA世界フェザー級タイトルマッチ』が行われ、世界二階級制覇を狙う元WBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼(29=真正)が同級王者シュー・ツァン(25=中国)に6R 1分42秒、TKO負けを喫し王座獲得ならなかった。

 シューは身長175cmでリーチも175cm、久保は身長176cm、リーチ180cmのサウスポーでリーチでは久保が有利。
 1Rから遠い間合いからの久保のボディストレートがヒットしたが、久保が接近してボディブローの連打に行くと下がったガードにシューは左右フックを何度も打ち込んだ。

 以降のラウンドもボディで削りたい久保だったが、シューも圧力をかけボディそして上へのパンチで積極的に攻めた。

5Rにダウンを喫した久保

 5Rにはシューの左フックで久保の顔が流れ、右ストレートでも一瞬ぐらつく。久保がボディに行くと王者はパンチを連打、そして左フックでダウンを奪う。立ち上がって反撃しようと果敢に前に出るがゴング終了間際にもシューのフックを喰らい久保はぐらつく。

6Rはパンチを被弾しぐらつく久保だったが、踏ん張って反撃の打ち合いを見せる。しかし連打をもらい続けた久保にレフェリーは試合を止めシューの防衛となった。

●編集部オススメ

・【ボクシング】木村翔がカニサレスを捕まえられず完敗、王座復活ならず

・【ボクシング】中国で世界二階級制覇を狙う久保隼、木村翔と同日世界奪取なるか=5.26世界戦

・久保隼、目の手術から復帰で二階級制覇に意欲

・“ポスト長谷川”久保隼が無敗で世界王座獲得

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧