TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】木村翔がカニサレスを捕まえきれず完敗、王座復活ならず

2019/05/27(月)UP

ヒットアンドアウェイのカニサレスは相手に捕まえさせず相手が入ってきては打つなどテクニックで木村を上回った

 5月26日(日)中国・江西省撫州市で行われた『WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ』で王者カルロス・カニサレス(26=ベネズエラ)が挑戦者で元WBO世界フライ級王者の木村翔(30=青木/同級2位)を判定3-0で下し2度目の防衛に成功した。内容も119-109、119-109、118-110と木村を大きく引き離した。

 足を使うカニサレスをなかなか捕まえられず追いかけては合わせられパンチを被弾する展開だった。2016年大みそかにWBA世界ライトフライ級王者だった田口良一(ワタナベ)の5度目の防衛戦でカニサレスは田口に捕まえさせず判定はドローに。田口はかろうじてドロー防衛となったが、今回もそれを思い起こさせるような試合巧者ぶりだった。

木村が打つとカニサレスはもうそこにはおらず大きく空振りしてしまう木村

 1Rは木村がボディの連打からアッパーで行けばカニサレスも同じくボディの連打からアッパーで返し、両者アグレッシブな展開だったが、4Rあたりからカニサレスが足を使い木村が追いかける展開に。木村が前に出るとカニサレスのジャブからの連打を浴びる木村。木村が打とうとするとバックステップなど足を使い当てさせない展開が続いた。

 6Rからカニサレスを追い詰めて木村の右フック、ボディブローとヒットし始めるも終了間際にカニサレスの右ストレートがクリーンヒットし木村の顎が上がる。

 なかなかパンチが当たらない木村は9Rになるとボディのヒットはあるものの空振りが続き疲れが見え始める。

 10R、木村は接近戦でボディの連打を仕掛けるも疲れからかパンチに勢いがない。木村はカニサレスの右フックで顔が流されると、その後も左フック、右ストレートと被弾する。
 11Rには木村の右ストレートがクリーンヒットするものの続かず。
 最終の12R、木村は被弾してもとにかく前に出て、疲労が見えても大ぶりのパンチを出し続け、死力を振り絞ったがポイントで大きく引き離されカニサレスが王座を防衛した。

●編集部オススメ

・【ボクシング】久保隼が中国のシューに連打浴び6R TKO負け

・カニサレスを捕まえられず田口が引き分け防衛

・木村翔「打ち合いの盛り上がりの中でKOを」=ダブル世界戦全員が計量パス

・【フォト】中国のラウンドガールが木村戦の前日計量でベルトを持ちポーズ

・【ラウンドガール】セクシー衣装の松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧