TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】植山征紀が3度のダウン奪い1RKO勝利、女神は前MAX FC王者に圧勝

2019/08/11(日)UP

女神(右)がアグレッシブファイトで前MAX FC王者を下した

▼第7試合 49.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R 無制限延長R
〇女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)※田川女神から改名
判定3-0 ※30-26、30-27、30-27
●キム・ヒョソン(韓国/前MAX FCバンタム級王者)

女神の膝蹴りがヒット

 女神は7月21日のGirls S-cup 2019でNJKFミネルヴァ・ピン級王者MARI、MISAKIの二強を下して新王者に輝いての初戦となる。
 前MAX FCバンタム級王者でKMK(韓国ムエタイキックボクシング)女子フライ級王者のキム・ヒョソン(韓国)は、組んでからのヒザ蹴りを得意とし、韓国のメジャー打撃格闘技大会『MAX FC』で大人気のファイター。しかし2017年に練習中にアキレス腱を断裂し長期戦線離脱。18年4月に復帰し負けが続くが、徐々に試合勘を戻しており女神戦で再起をかける。

女神の右ストレートでヒョソンがダウン

 1Rから顔面前蹴りをヒットさせる女神は、組み付いてヒザを当てるヒョソンに負けじとヒザを返す。ヒョソンのパンチにカウンターの右ストレートを合わせた女神はダウンを奪い場内は騒然。
 2Rも前蹴りで距離を取る女神は左ボディ、組まれてもヒザ蹴り。ヒョソンの蹴り技を掴んではこかして相手のリズムを崩していく。
 3R、左ミドル、ボディブローで女神はヒョソンの動きを止め、最後にバックブロー。仕留めることは出来なかったが、女神の圧勝に終わった。

▶次のページはCAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦ほか

●編集部オススメ

・メインの植山征紀、女子王者の女神ら前日計量クリア「KOで締める」(植山)

・MIOが突然の引退表明、足の怪我が影響か

・決勝戦は田川女神がMISAKIにTKO勝利し新女王に

・S-cupのセクシーラウンドガール決定、過去最多の15名に

・美女格闘家RENA、1stフォトブックの水着姿は「照れくさいけど自然な私」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧