TOP > ニュース

【シュートボクシング】MIOが突然の引退表明、足の怪我が影響か

2019/07/04(木)UP

これまでSBのリングで女子格闘技界を牽引してきたMIO(C)SHOOT BOXING

 元シュートボクシング(以下SB)女子ミニマム級王者・MIO(シーザージム)が突然の引退表明を自身のSNSで発表した。

  MIOは16歳でデビューしてから、女子格闘技トップクラスの人気を誇るRENAの妹分として、SBで最軽量のミニマム級で国内無敵を誇り、2016年にはSB日本女子ミニマム級王座決定戦を制しタイトルを獲得。昨年のSB世界トーナメントに参戦すると世界の強豪に2連勝し、決勝でイリアーナ・ヴァレンティーノに敗れて準優勝に終わるもその実力を証明した。

 昨年には、AbemaTVのレギュラー番組『格闘代理戦争』でMMA(総合格闘技)にチャレンジし、2勝1敗の戦績を残して注目を集めた。その後SBに復帰し、J-GIRLSミニフライ級王者・寺山日葵に僅差の判定勝ちを収めた。しかし、MMAの練習中に負傷していた足首の怪我(有痛外脛骨)によって6月2日の花やしき大会を欠場し、さらに7月に開催の“女子格闘技の真夏の祭典”『Girls S-cup 2019』にも欠場することが発表され、同時に自身が持つSBのベルトを返上したことが発表されていた。

自身のSNSで引退を発表するMIO

 自身のSNSで「応援してくださる皆さんへ。突然のご報告となり、申し訳ありません。 この度シュートボクシングを辞める事になりました。16歳でプロデビューし今までの8年間たくさんの応援ありがとうございました。関係者の皆さまにもお礼を申し上げます。 皆さんの期待に応える事が出来ず本当に申し訳ありません。これからの活動については少し休ませてもらってから、ゆっくり考えたいと思います。 本当にありがとうございました」とこれまで長年戦ってきたSBのリングに別れを告げると告白した。

 シュートボクシング協会に問い合わせると「一部の人間には格闘技界からの引退を伝えていたようですが、現在状況を確認中です。足の怪我でモチベーションの低下の報告を受けていた」と説明した。

●編集部オススメ

・MIOが再び欠場で王座返上、SB日本女子ミニマム級トーナメント開催へ

・MIOの負傷欠場で、宍戸大樹が参戦直訴「穴を開けるわけにはいかない」

・MIO「総合格闘技もどんどんやっていきたい」

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る

・女王MIO、寺山が計量クリアー「今年のMIOは違うぞ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース