TOP > 試合結果

【シュートボクシング】植山征紀が3度のダウン奪い1RKO勝利、女神は前MAX FC王者に圧勝

2019/08/11(日)UP

植山(左)が1R KO勝利

シュートボクシング協会/立志會舘
『SHOOT BOXING OSAKA 2019 “ALPINISME”vol.1』
2019年8月10日(土)大阪・住吉区民センター

▼第9試合 メインイベント 56.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者)
KO 1R 1分50秒
●リ・ソンジェ(韓国/MAXFC/Iksan X-Gym/MAX FC-55kg3位)

左ボディで相手にダメージを与える植山

 シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・植山征紀(23=龍生塾ファントム道場)は毎回激しい打ち合いを繰り広げてきた激闘派。
 昨年11月に10勝無敗の新星・笠原友希にTKO勝利し念願の王者に。今年4月に行われたレベルスとの対抗戦で、2つの世界王座を持つ小笠原瑛作に判定負けするまでは6連勝していた。6月のRIZINに参戦し、1RKO勝利で再起している。

植山が蹴りの名手・ソンジェから3度のダウンを奪った

 相手のソンジェは30戦17 勝(9KO)13敗と高いKO率を誇り、“バナナキック”の異名通り蹴り技を得意としているという。植山の戦績は34戦22勝(10KO)11敗1分と、こちらも半分近くのKO率を持つ。激戦必至の一戦に、植山は自身のSNSで「圧倒する!!!  しっかり盛り上げて倒して勝つ」とKO勝利を宣言している。

 1R、右のローを飛ばす植山は、右ハイをクリーンヒットさせぐらつかせるとコーナーに詰めてラッシュでダウンを奪う。立ち上がるソンジェに植山は左ボディブロー、ヒザ蹴りと次々と攻撃を当て2度目のダウンも奪う。最後に飛びヒザ蹴り、左フックでまとめた植山が3度目のダウンを追加させ圧勝した。

▶︎次ページは王者・深田一樹が直也にKO勝利

●編集部オススメ

・メインの植山征紀、女子王者の女神ら前日計量クリア「KOで締める」(植山)

・MIOが突然の引退表明、足の怪我が影響か

・決勝戦は田川女神がMISAKIにTKO勝利し新女王に

・S-cupのセクシーラウンドガール決定、過去最多の15名に

・美女格闘家RENA、1stフォトブックの水着姿は「照れくさいけど自然な私」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果