TOP > 試合結果 一覧

【MA日本キック】王者バズーカ巧樹、般若HASHIMOTOとの激闘制す

2019/09/22(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

MA日本キックボクシング連盟
「激闘-3」
2019年9月22日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

般若(左)にバックブローを見舞うバズーカ(右)

▼メインイベント 63kg契約 MAキックルール 3分3R
〇バズーカ巧樹(菅原道場/MA日本スーパーライト級王者)
判定3-0 ※30-29、29-28、30-29
●般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺/元グラジエーター武士道キックフェザー級王者)

 バズーカは、リングネーム通り、バズーカのような豪快なパンチで、常にKOを狙う好戦的なファイター。Krushを主戦場にしつつ、今年2月のMAのリングでは竹市一樹を3RTKOで下しMA日本スーパーライト級王座を獲得している。対する般若も6勝のうち4つのKO勝ちのある強打者。17年7月には巌流島、昨年6月には超過激格闘技ラウェイなどキック以外のルールにも挑戦した実績があり、打ち合いを好む。

 1Rからバズーカは右ミドル、テンカオ、バックブローと多彩な攻めで主導権を握る。

 2Rには何度か右ハイが顔面を捕えるものの、般若はタフネスぶりを発揮し前進を止めない。

 3R、前に出続ける般若はボディブロー、ミドルでバズーカのスタミナを消耗させると、バズーカは失速気味。

 連打する般若に組み付いてバズーカは攻撃を遮断させ主導権を握らせない。終盤はバズーカが攻撃を当てるものの、いくら打たれても強引に前に出る般若が押し込む展開となり終了。バズーカが判定勝ちで激戦を制した。


右ストレートをヒットさせる戸井田

▼セミファイナル MA日本スーパーバンタム級王座決定戦 55kg契約 3分3R延長1R ※ヒジあり
〇戸井田大輝(戸井田ジム/同級2位)
KO 3R1分17秒 
●響波(Y’s glow/同級4位)

 大久保拓が返上した王座を懸けて7戦無敗の戸井田と6勝4敗の響波が対戦した。

 1Rから178cmの長身を誇る響波が右ストレート、左ミドルと伸びのある攻撃。戸井田は冷静にブロックしては左ミドルからパンチにつないで応戦。2Rには、カウンターを狙う戸井田の攻撃が捕え始め、さらにはヒジでカットにも成功。

 3R、打ち合いの中で戸井田が右ストレートをヒットさせKO勝ち。ベルトを巻いた戸井田は「ベルトを獲ったのは通過点に過ぎません。これからは上を目指していってMAの名前も売っていきたい」とアピールした。

●編集部オススメ

・横山剛が華麗な足技でKO&王座奪取

・王者バズーカ巧樹「火薬は満タン」、般若HASHIMOTO「破壊力はない」と試合前に舌戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧