TOP > 試合結果 一覧

【RISE】山田洸誓が衝撃KOで山口侑馬を下し王座獲得、RISE QUEEN決定戦は寺山日葵が佐藤レイナを完封

2019/09/29(日)UP

山田(右)はジャブ、前蹴りを巧みに使い山口の突進を阻止、強打を叩き込み4度のダウンを奪う快勝

RISEクリエーション
『RISE134』
2019年9月29日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 第11試合 第4代RISEスーパーライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○山田洸誓(26=正道会館KCIEL/同級1位)
KO 2R1分25秒 ※レフェリーストップ
●山口侑馬(24=山口道場/同級2位、元Innovationライト級王者、第4代DEEP☆KICK 60kg級王者)

山口(右)は果敢に前進し右ローと左右のボディで山田に迫る

 山田は正道会館の全日本空手道選手権連覇者の肩書きを持ち、空手仕込みの多彩な蹴り技を武器にデビューから5連続KO勝利という記録を打ち立てた。今年7月のRISE大阪大会では歴戦のムエタイ戦士タップロン・ハーデスワークアウトと対戦し、接戦をものにして破竹の9連勝無敗。空手会期待の星が初戴冠に挑む。

 山口は、実兄の山口裕人を追いかけ2011年に大阪でプロデビュー。DEEP KICK 60kg級王座、INNOVATIONライト級王座を獲得し、2017年より参戦したKNOCK OUTでは町田光や不可思などの強豪としのぎを削ってきた。今年7月にRISEへ約6年ぶりに参戦。スーパーライト級王座決定トーナメント準決勝で、4戦4勝4KOの森香津眞をKOで返り討ちにし、その剛腕ぶりを示したばかりだ。

山田は左ミドルでダメージを与え、4度のダウンを全てパンチで決めた

 1R、いきなりパンチを打ち込む山口へ、サウスポーにスイッチした山田が左ハイキックから右フックのコンビネーションで山口を追い詰める。山田の強い前蹴りを喰らいながらも前進しボディを攻める山口へ、左ミドルから右フックをヒット。ぐらついた山口に右フックを追撃して山口からダウンを奪う。立ち上がった山口に再び右フックでダウン追加。立ち上がった山口を追い詰める山田だったが、3度目のダウンは奪えないままラウンド終了のゴングに山口は救われる。

 2Rが始まるとすぐさま打ち合いに持ち込む山口。オーソドックスに戻した山口は右ロー、左前蹴りでけん制。伸びる左ジャブを突き刺し距離を測り、狙いすました右ストレートでまたもダウンを奪うが、山口は倒れながらもパンチを振るう。最後はサウスポーにスイッチした山田が右フックをヒットし、返した左ストレートで4度目のダウンを奪ったところでレフェリーがストップ。山田が10連勝を決めて第4代RISEスーパーライト級新チャンピオンの座を手にした。

スーパーライト級のベルトを巻いた山田は5月に結婚した妻の懐妊を発表、元RISEラウンドガールとの告白に会場からはどよめきが

 ベルトを腰に巻いた山田は「こんな勝ち方は予想していなかったので、何言ったらいいか考えていなかった。ここ2戦KO勝ちからも遠のいていたので、挽回できたかな」と安堵の表情を浮かべた。今後については「戦う前はベルトのことしか考えていなかったので、ベルトの価値を高めていきます。RISEのベルトに恥をかかせないように、いい働きをしたい」とひとまずの目標を掲げた。

 今年5月に結婚したばかりという山田は、このリングの上で妻が妊娠中であることを明かした。そしてその妻の名を「2018年RISEラウンドガールの(星乃)七夕さん」と明すと、会場からはこの日一番のどよめきが起こった。

▶︎次のページは寺山日葵vs佐藤レイナ

●編集部オススメ

・佐藤レイナと寺山日葵が計量パス「赤いベルトは私が貰う」(寺山)=前日計量

・山田洸誓の新妻・星乃七夕も参加、2018年RISEラウンドガールのメンバー紹介

・9戦無敗の山田洸誓、山口侑馬に「タイトル戦は倒すのが一番」前日計量

・【パンクラス】謎のインド武術家・法DATEが計量オーバーで失格、相手は決勝へ

・人気グラドル犬童美乃梨、美ボディコンテスト「サマー・スタイル・アワード」2冠達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧