TOP > 試合結果 一覧

【RISE】山川賢誠が元タイ王者を撃破、那須川天心はダウン奪うガチエキシで盛り上げる

2019/11/10(日)UP

「RISE NORTH」
2019年11月10日(日)北海道・札幌ホテルエミシア3Fパレスホール

北海道初のRISE公式大会に出場した選手たち。那須川天心(中央)のエキシビションマッチもあり会場は超満員となった

 北海道初のRISE公式大会「RISE NORTH」は11月10日、札幌ホテルエミシア3Fパレスホールで行なわれた。会場は那須川天心が昨年大晦日以来のエキシビションマッチを行なうということもあって756名(超満員札止め)の観客が詰めかけた。

視察に訪れていたONE Championship JAPANの秦代表

 リングサイドには元イングランド代表で現コンサドーレ札幌のジェイ・ボスロイドの姿も。またONE Championship JAPANの秦アンディ英之代表も視察に訪れた。。

 場内の熱気に押されてか、試合は熱戦の連続。来年以降もRISE NORTHが開催されるムードが漂っていた。(取材・文・布施鋼治/写真・(C)RISE NORTH)


″北のエース候補″山川(右)が難敵ムエタイ戦士のクワートに勝利

▼メインイベントフェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
○山川賢誠(kickboxing Academy Sapporo/フェザー級7位)
判定3―0 (30-29、30-28、30-29)
●クワート・スラチャット(タイ/元タイ国北部スーパーバンタム級王者)

 メインイベントは″北のエース候補″でフェザー級7位の山川賢誠が元タイ国北部スーパーバンタム級王者クワート・スラチャット(タイ)を迎え撃った。
 元王者といっても、クワートは現役バリバリのムエタイ戦士。今年になってからも地元チェンマイやルンピニースタジアムでコンスタントに試合を行なっており、3勝1敗という好成績を残している。

山川の右フックがクリーンヒット

 那須川天心に続く二番人気で入場してきた山川はやる気満々。1R開始早々クワートのローブローを食らって悶絶する場面もあったが、その後はアッパーを含むワンツーを放ったあと、相手のハイキックをスウェーでよけるなどテクニカルな攻防を続ける。2分30秒すぎには左ストレートや左のテンカオで試合の流れを掴みかける。
 2Rになると、サウスポーの山川に対してクワートは右ミドルで攻略しにかかる。このミドルをかわして山川はワンツーでやり返す。一進一退の攻防が続く中、3Rになると山川は右フックをクリーンヒット。その後もワンツーからのテンカオや飛びヒザ蹴りでクワートを追い込み、終わってみれば3-0の判定で難敵を下した。

 試合後、山川は「今回初めてRISEが北海道に初上陸ということで、めちゃくちゃ気合が入っていたけど、倒そうという気持ちが強すぎて闘志が空回りしてしまった」とうなだれた。「ただ、ジャブをついて自分の距離をとるということはできた。相手はミドルが重たかったけど、怖い部分はそんなになかった。自分の攻撃で効いていることもわかったけど、ごまかすのがうまかった」
 それから山川はひとり闘いたい相手がいるとラブコール。「以前対戦が決まっていたのに(2017年7月RISE118)相手の怪我で流れた森本″狂犬″義久選手です。場所はどこでもいい。これからは狂犬のことだけを考えたい」
 果たして北のエース候補の思いはRISEに届くか。


拓也(右)が津田鉄平に勝利、リベンジを果たした

▼セミファイナルフェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
●津田鉄平(新宿レフティージム/フェザー級10位)
判定3―0(30-29、30-29、30-28)
○拓 也(蹴空ジム/バンタム級4位)

 セミファイナルではフェザー級4位の津田鉄平(新宿レフティージム)とバンタム級4位の拓也(蹴空ジム)のフェザー級公式戦が組まれた。両者は2017年1月28日のRISE115で初対決を行い、津田が勝利を収めている。

 左ジャブで試合を組み立てようとする津田に対して、拓也は左ボディフックに活路を見出そうとする展開に。2Rになっても、拓也は左ボディフックで削りに行く。津田も負けじとボディ攻撃などで反撃するが、見た目の印象点では拓也に分があったか。
 3Rになってもお互い手を休めない。拓也がカウンターのヒザ蹴りで前に出れば、津田も右のテンカオを返していく。このラウンドも、手数では拓也の方が勝っていた。津田もところどころで相手にダメージを与えていると思われるが、もっとジャッジにアピールする攻撃が欲しかった。

 判定は3-0で拓也。リベンジに成功するとともに、今年3月以来の勝利を飾った。試合後、拓也は「今回はフェザー級に上げてやってみたけど、次回からはまたバンタム級に戻してベルトを狙っていく」と宣言した。

▶次のページは那須川天心のエキシビションマッチ、第4試合の模様

●編集部オススメ

・那須川天心、大みそかRIZIN出場を宣言「爆発します」

・那須川天心がスーパーエキシビションマッチに登場(ページ下段)=2017年6月

・メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う=2018年12月

・【ONE】那須川天心のゲスト解説に絶賛の声、高度な分析に大沢ケンジも「先生」と脱帽

・【新極真会】那須川天心が世界大会で挨拶、彼が語る空手がベースの強さとは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧