TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】ジョシュアが判定でルイスを下し3団体のヘビー級世界王座を奪還

2019/12/08(日)UP

アンソニー・ジョシュアがリベンジ成功で王座を奪還 getty/eFight

 12月7日(現地時間)サウジアラビアのディルイーヤにおいて元WBAスーパー、WBO、IBF世界ヘビー級王者のアンソニー・ジョシュア(30=英国)が、王者アンディ・ルイスJr.(30=米国)に判定3-0(118-110×2、119-109)でリベンジを果たし再び3団体のヘビー級王者となった。

 ジョシュアは6月にルイスに4度のダウンを奪われ、7R 1分27秒でTKO負けを喫しWBA、WBO、IBF王座から陥落したが、今回は慎重になったか、ジョシュアは徹底したアウトボクシングに徹した。ジョシュアは198cmの身長でルイスは183cm、リーチにも大差がありルイスを入らせずパンチを打ち込む。1Rから小刻みにジャブを出し右ストレートにつなげるなどボクシングを組み立て、ルイスの左目尻からカットを奪った。

前戦、ジョシュアのテンプルにルイスの右がヒットする瞬間/写真ロイター&アフロ=WOWOW提供

 4Rには前回のようにルイスが接近してパンチを打ちヒットもクリンチや距離をとるなどでジョシュアは逃げる。以降も右ストレートでポイントを重ね大差の勝利につなげた。ジョシュアの巧さが目立ったが、勝ちがほぼKOのジョシュアのわりにダウンもなく慎重すぎる戦いに、観客からブーイングが起こる場面もあった。

 勝利したジョシュアは「神に感謝したい。俺に2度勝つなんて無理。前回はルイスのやりたい戦いをさせてたので、打たれないように工夫した。3度目をぜひやりたい」と笑顔。敗れたルイスは「3度目の戦いをしたい。次はベストな方が勝つと証明できる」と応えた。次はジョシュア、ルイス相手に防衛となるのか。ジョシュアは戦績は23勝(21KO)1敗とした。

 この試合は9日(月)21時よりWOWOWライブで放送される。

●編集部オススメ

・【ボクシング】ジョシュアが世界ヘビー級3団体制覇「ワイルダー、俺とやろうぜ 」

・【ボクシング】協栄ジムが存続主張「活動休止の事実はない」金平会長の発言とは真逆

・【ボクシング】井上尚弥「拓真の仇を取る」ウバーリ戦を熱望、トップランク社と契約で米で対戦か

・【ボクシング】怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・【ボクシング】モデルボクサー高野人母美がビキニ姿でラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧