TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥「拓真の仇を取る」ウバーリ戦を熱望、トップランク社と契約で米で対戦か

2019/11/08(金)UP

優勝した井上尚弥が「拓真の仇を取る」とウバーリ戦を熱望した

 11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナで行われたWBSSバンタム級決勝で、井上尚弥(26=大橋)がノニト・ドネア(36=フィリピン)を3-0の判定で破り、トーナメント優勝を果たした。試合は井上が被弾し流血するなか、打って打たれてを繰り返し、11Rに井上が左ボディブローでダウンを奪い判定で差をつけた。

 試合後、井上はリング上で「ドネア選手は強かった。KOして世代交代と言って来たがこの内容ではまだまだ。もっと頑張って更に強くなった井上尚弥をお見せします」とドネア戦を振り返った。

ドネアからダウンを奪った渾身の左ボディがヒットした瞬間(写真=Naoki Fukuda)

 そして「このトーナメントが始まって約1年。すごく長かったですけど、充実した1年だった」と語り優勝の喜びを語ると、今後については「正直、今の気持ちは、僕の目の前で弟が負けてます。バンタム級WBC、ウバーリに拓真の仇(かたき)を取りたいと思います」とWBSS決勝の前に弟の井上拓真(23=大橋)が挑んだ『WBC世界バンタム級タイトル統一戦』でダウンを含む判定勝利を収めたノルディーヌ・ウバーリ(33=フランス)との対戦を望んだ。

 しかし次回からの2試合はアメリカで行う予定。村田諒太(33=帝拳)も契約するアメリカのボクシング大手プロモーショントップランク社(代表・ボブ・アラム)と井上が複数年契約に合意したと試合後の会見で発表されたのだ。

拓真を攻め込むウバーリ

 トップランク社のトッド・ドゥボーフ社長は会見で「これからの2試合はアメリカで行う予定で、年末に近づくにつれて日本に戻って来れたら良いなと計画しております。アメリカでの試合はESPNでの放送になります」と話し、具体的な契約年数は「複数年とだけ言わせてください。過去にプロモートしてきたモハメド・アリ、シュガー・レイ・レナード、フロイド・メイウェザー・ジュニア、マニー・パッキャオ、ロマチェンコといった世界的なボクシングにおけるスターを作る、こういったことを井上選手ともこれからやっていきたいと思っています」と語った。

 井上とウバーリとはアメリカで対戦となるのか。日本で井上の試合が見られないのは残念だが今後多くのビッグカードを組まれ、更なるスター選手に飛躍することを期待したい。

●編集部オススメ

・井上尚弥がドネアと流血の大激闘、11Rに井上が渾身のボディでダウン奪いWBSS制覇

・[前日計量]井上尚弥とドネアが計量パス「勝って大きな試合につなげる」(尚弥)

・[12.23横浜]村田諒太の初防衛戦が決定、相手はWBO1位でKO率86%のバトラー(動画あり)

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・井岡一翔戦のラウンドガール、目立ちすぎた経緯を説明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧