TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】勝次がダウン奪われロンペットに完封負け、重森陽太がボディブローで恩師越えを果たす

2020/02/02(日)UP

九州の雄・日畑(右)の剛打爆発、前日本王者の泰史を1Rで粉砕した

▼第9試合 WKBAジャパンスーパーフライ級王座決定戦 3分5R
●泰史(前日本フライ級王者/伊原道場本部)
KO 1R2分53秒 ※左ストレート
○日畑 達也(第4代KING OF STRIKERS、スーパーフライ級チャンピオン、J-NETWORK バンタム級1位/FKD)
※日畑が新王者

2度目のダウンを奪い見下ろす日畑、泰史は立ち上がることができなかった

 他団体との交流を目的に新設されたWKBAジャパンのタイトルが争われる初のタイトルマッチ。他団体王者を撃破し波に乗る泰史と、九州を拠点とするKOSの王者・日畑がベルトを争う。

 泰史が右ロー、右ミドルを放ちプレッシャー。日畑は小さく前後に出入りを繰り返し、距離を保つ。日畑をコーナーに詰め連打を見せた泰史。しのいだ日畑が前進し放った左ストレートが泰史の顔面を直撃し真後ろにダウンを喫する。

新設されたWKBAジャパンのベルトを巻いた日畑「また戻ってきます」と継続参戦の意向を示した

 立ち上がった泰史に襲い掛かった日畑はガードの上から連打。耐える泰史だったが、ボディから顔面へ左ストレートを再び打ち込まれダウン。ロープに腕をかけたまま動けない泰史はそのままカウントアウト。初のWKBAジャパンのベルトは劇的KOで日畑が奪取。いきなり九州に流出することとなった。

 マイクを握った日畑は「今日は新日本キックに上がらせてもらって光栄です」と初参戦の新日本キックのリングを楽しんだ模様。そして「ベルト獲ったからにはまたこの場所に帰ってきます」と、再び新日本のリングへ上ることを約束した。


5度目の挑戦となった瀬戸口が2位の平塚を圧倒し勝利、悲願の日本フェザー級王者となった

▼第8試合 日本フェザー級王座決定戦 3分5R
○瀬戸口 勝也(日本フェザー級1位/横須賀太賀ジム)
TKO 3R57秒 ※レフェリーストップ
●平塚 一郎(日本フェザー級2位/トーエル)
※瀬戸口が新王者

瀬戸口の炸裂弾のようなパンチをよく耐えた平塚だったが、最後はリングにヒザを着いた

 タイトルに挑戦すること実に5回目、悲願の日本王座奪取に挑む瀬戸口。空手出身の平塚相手にタイトル獲得を目指す。
 
 1R、オープニングヒットは平塚の左ミドル。瀬戸口は平塚を懐に呼び込んでボディ、前進しオーバーハンド気味の右フックとパンチ攻勢。1R終盤にはパンチをまとめ平塚を後退させる。2Rも瀬戸口が平塚の打ち終わりに左ボディをヒット。下がる平塚を追い左ボディから右ボディ、最後に右フックを直撃させ平塚からダウンを奪う。立ち上がった平塚へ瀬戸口は距離を詰め一気に仕留めに掛かるが、距離を潰す平塚に逃げ切られ、縦ヒジで右まゆ付近を切られてしまう。

鹿児島に拠点を置く瀬戸口はこの勝利を「地方にいる人が元気になればいいな」と地元のファンに捧げた

 3R、平塚がバックブロー、右ミドルを放つも一気に距離を詰めた瀬戸口がボディ連打でダウンを奪取。立ち上がった平塚を追い、さらにロープに詰めボディ。2度目のダウンを喫した平塚を見たレフェリーが即座に試合をストップ。瀬戸口が5度目の挑戦にして悲願の日本フェザー級のベルトを腰に巻いた。

 マイクを握った瀬戸口は「色んな人に支えられてここまで来ました。自分の人生にこんな瞬間が来るなんて不思議な気持ち」と感無量な様子。鹿児島で公務員を務める自分の環境を指し「地方にいる人が元気になってくれたらいいな」と地方民に希望を与えられたことに喜びの表情を見せた。

●編集部オススメ

・勝次、正体不明のロンペットにも「メインとしてKO」宣言

・重森陽太、恩師の元ラジャ王者と対決「成長した姿を」HIROYUKIは他団体王者に「格の違い見せる」

・名門・目黒ジムが創立54年にして閉鎖、幕を下ろすかは「まだ確定していない」(勝次)

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈とスターダム・星輝ありさがキックで技術交流、同日同時勝利の可能性は「99.5%」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧