TOP > 試合結果 一覧

【ZST】岩本健汰、オール一本勝ちでGTFトーナメント制覇

2020/03/15(日)UP

一本勝ちした岩本(奥)

▼第7試合 GTF3準決勝戦 GTFルール フェザー級 7分1R
〇岩本健汰(IGLOO)
一本 5分37秒 ※アームバー
●小野隆史(フリーダムオズ)

 2019年ADCC日本代表の岩本と、2019年第8回全日本ノーギ選手権 エキスパート フェザー級優勝の小野の一戦。

 お互いに組み合うの攻防の中、片足タックルでテイクダウンした岩本。鮮やかにパスガードすると、サイドポジションから肩固め、バックに付いてスリーパーで小野を追い込む。防戦一方の小野に対し、岩本が後ろから三角絞めを極めながらアームバーで一本勝ちした。


ヒールホールドで一本勝ちした寒河江(左)

▼第6試合 GTF3 準決勝戦 GTFルール フェザー級 7分1R
〇寒河江寿泰(トイカツ道場/今成柔術)
一本 2分4秒 ※ヒールホールド
●樋口翔己(パラエストラ吉祥寺)

 NAGA world jiu-jitsu championship ノーギ エキスパート フェザー級優勝・無差別級準優勝の寒河江と、全日本ノーギ選手権 2016.2018 エキスパート ライト級優勝の樋口の一戦。

 開始早々、座り込む寒河江に対し、樋口は足を制しながらパスガードを狙う。樋口の足をキャッチした寒河江はヒールホールドを極めて一本勝ち。

▶︎次ページは高須将大vs石井宏幸のワンマッチと、トーナメント1回戦の試合結果

●編集部オススメ

・【第2回GTF】所英男、盟友・勝村周一朗に一本負け。バレットがトーナメントを制す

・【DEEP JEWELS】仮面女子・川村虹花が柔術高校生・リオンと対決

・前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

・【コラム】レミギウスの命日に偲ぶ、生い立ちと現在も残る銃弾の跡

・新型ウイルスの影響で大会が中止・延期になった格闘家たちの声「頑張ろう日本、頑張ろう世界」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧