TOP > 試合結果 一覧

【ONE】”近代ムエタイの最高傑作”センマニーがKO負け、エストニアの強豪ムエタイ美女がLittle Tigerを下す

2020/08/22(土)UP

クラップダムが渾身の右ストレートをセンマニーに打ち込みKO勝利した

ONE Championship
『ONE: NO SURRENDER III』
2020年8月21日(金)タイ・バンコク/インパクト・アリーナ

▼バンタム級(65.8kg)ムエタイ
●センマニー・クロンスアンプルリゾート(タイ)
KO 1R ※左ストレート
◯クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)

センマニーのハイキックが襲う

 この試合は、現バンタム級王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)への挑戦権をかけた「ONEバンタム級ムエタイトーナメント」の準決勝だ。この勝者は、8月14日に同トーナメント決勝に進んだ、セーマペッチとの決勝戦を行うことが決まっている。

 センマニーはムエタイの2大殿堂ラジャダムナンとルンピニーの王座を獲得し、さらにムエタイ世界王座のS1を獲得し 「近代ムエタイの最高傑作」とも称される程の実力者。今年1月にはWBCムエタイ日本王者の健太に判定勝利を収めている。

 対するクラップダムは左ストレートを決め技とする元ルンピニー二階級制覇王者。2018年にはREBELSのリングで梅野源治とルンピニーライト級王座決定戦を争い、4R TKOで勝利を収めて、日本のムエタイファンにも強烈なインパクトを残した。

勝利し決勝に進んだクラップダム

 1R、両者ともサウスポー。センマニーが左ミドルを放っていくと、クラップダムが右アッパーを繰り出す。さらに、もう一度右アッパーを振るい、ボディフックを当てるクラップダム。センマニーは飛び込んでの左ヒジを見せる。

 センマニーの左ローを走らせるとに、クラップダムが何度も見せていた右アッパーからの渾身の左ストレート!これがジャストミートで決まり、センマニーが仰向けにバッタリと倒れ、レフェリーがすぐに試合を止めた。クラップダムが、センマニーを衝撃KOで下して、決勝進出を決めた。

▶︎次ページはルンピニーも制したモンコルペットvsティー、MMAではウィラチャイが元ラジャ王者のフランスのピンカと対戦

●編集部オススメ

・梅野源治がクラップダムにTKO負け、壮絶に散り快挙達成ならず

・【ONE】ロッタンがペッダムを撃破しV3、前進し強烈パンチの猛攻

・【ONE】スタンプが19歳・スリセンを寄せ付けず圧倒、MMA5連勝を飾る

・【ONE】平田樹、二競技制覇のスタンプと戦わば「勝機はある」ダンス対決にも注目か

・【テレビ】空手家YouTuber福地勇人が大ピンチ ”動画が問題で大ボスに直訴⁉”=8.24よる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧