TOP > 試合結果 一覧

【ZST】浜本“キャット”雄大がKO勝ちでMMAデビュー、11月に伊藤盛一郎と対戦決定

2020/08/31(月)UP

駒杵(左)が腕十字で一本勝ち

ZST実行委員会/株式会社ZSTインターナショナル
「ZST.68」(2P目)
2020年8月30日(日)東京・GEN スポーツパレス

▼第11試合 メインイベント ZST特別ルール(肘あり、サッカーボールキックあり) フライ級 5分2R
〇駒杵嵩大(FIGHTBASE 都立大/FightingNexus フライ級王者)
一本 1R4分30秒 ※腕ひしぎ十字固め
●宮城友一(DROP/GRADIATOR ライトフライ級チャンピオン)

 Fighting Nexusの王者となった駒杵が凱旋出場。現GRADIATOR王者である宮城とヒジ打ちが解禁されたZST特別ルールとして行われた。

 1R開始早々に駒杵がタックルを仕掛けてテイクダウン。即座にバックに付いて宮城を追い込むが、宮城は正対に戻して脱出する。上を取る宮城は抑え込んでチャンスを伺うが、駒杵はアームロックの体勢へ。これが逃げられると再びバックに付いた駒杵はスリーパー。これも正対に戻した宮城に、駒杵はすかさず下から腕十字を極めて華麗に一本勝ちした。


高須(奥)がバックチョークで一本勝ちした

▼第10試合 セミファイナル ZSTルール フェザー級 5分2R
〇高須将大(ストライプル茨城)
一本 1R3分49秒 ※バックチョーク
●平石公介(TKエスペランサ)

 ステージ4の肝臓癌から復帰後、MMA戦績は4勝1分と好調の高須が、1勝1敗1分の平石と対戦した。

 1R、激しい打撃戦の中で平石の右アッパーを被弾した高須だが、そのままテイクダウンに成功。立ち上がる平石に組み付いて寝かせると、高須はバックからチョークスリーパー。これがガッチリ決まり、高須が一本勝ちした。


▼第9試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
〇木下尚祐(和術慧舟會GODS)
TKO 1R2分34秒 ※レフェリーストップ
●萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)

▼第8試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
〇河村泰博(和術慧舟會AKZA)
判定2-1
●原口央(BRAVE)

▼第6試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
〇金井塚信之(フリー)
判定3-0
●諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)

▼第5試合 ZSTルール フライ級 5分2R
〇佐々木亮太(蒼天塾あざみ野道場)
一本 1R4分5秒 ※バックチョーク
●児玉勇也(とらの子レスリングクラブ/トイカツ道場)

▼第4試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
〇上田直毅(パラエストラ東京)
判定2-1
●二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)

▼第3試合 ZSTルール ライト級 5分2R
〇西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)
TKO 1R2分10秒 ※レフェリーストップ
●徳野”一心”一馬(UBF)

▼第2試合 ZSTルール ウェルター級 5分2R
〇岸野紘樹(トイカツ道場)
判定3-0
●上原平(リバーサルジム横浜グランドスラム)

▼第1試合 ZSTルール ストロー級 5分2R
〇川元啓吾(リバーサルジム東京スタンドアウト)
TKO 1R3分55秒 ※レフェリーストップ
●藤田黎(ストライプル新百合ヶ丘)

●編集部オススメ

・浜本“キャット”雄大、那須川天心が夢に現れ「サプライズを用意しろよ」とアドバイス

・那須川天心と浜本“キャット”雄大が鋭い視線をかわす=計量

・【ZST】岩本&山中のタッグ戦はドローで宇野薫&植松直哉の王座挑戦権は持ち越し

・【レベルス】ぱんちゃん璃奈がMISAKIの突進封じ、初代女王の座を勝ち取る

・【ハードヒット】“ムエタイゴリラ”T-98、プロレスデビュー戦をKO勝利で飾り関根シュレックに宣戦布告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧