TOP > 試合結果 一覧

【KHAOS】”女大好き”鵜澤悠也、2連続KO勝利で優勝「KHAOSガールズと食事会したい」

2020/09/06(日)UP

バチバチの打ち合いを展開する鵜澤(右)。大石(左)をKOして、トーナメントを制覇した

K-1実行委員会
『KHAOS.11』
2020年9月5日(土)東京・新宿FACE

 毎回、様々なコンセプトで開催される『KHAOS』シリーズだが、今回のトーナメントは「DREAM KHAOS」と銘打たれ、優勝者が”夢”を叶えることが出来るという、ご褒美つきのワンデートーナメントが開催された。

▼第9試合 DREAM KHAOS KHAOSバンタム級・決勝戦 3分3R・延長1R
○鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)
KO 2R 1分59秒 ※スリーノックダウン
●大石和希(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

左ミドルを放つ鵜澤(左)

 鵜澤は、強烈な左の拳を武器にアグレッシブなファイトを展開するファイターだ。準決勝は、小島卓也と激突し、自慢の強烈な左ストレートでダウンを奪い、その後はパンチのコンビネーションを叩き込み圧巻のKO勝利。決勝に進出した。

 対する大石は、バランスの良い打撃と、キレのあるパンチのテクニックを武器に、第8回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -55kgトーナメント優勝の実績を持つ。今大会でデビュー戦を迎えて、準決勝では高橋享祐と対戦し、高橋の右のパンチを被弾しながらも、粘り勝ち。熱戦を制して、決勝戦に進出した。

強烈な拳を振るう鵜澤(右)

 1R、鵜澤がサウスポー。大石の鋭い右ローに、鵜澤は左ミドルを放つ。両者は左右のローを蹴り合い、大石が右ストレートを放つと、鵜澤が交わして左フックを狙う。スピードのある左ミドルから、左ストレートを伸ばしていく鵜澤。

 2R、大石が右ミドルで先制すると、鵜澤が一気の距離を詰めて、強烈な左ストレートが炸裂。準決勝と同じく、左のパンチでダウンを奪う。立ち上がった大石に、鵜澤が襲いかかり、パンチの連打、右フックで2回目のダウンを奪取。

 気持ちが折れていない大石は、何とか立ち上がって右ストレートを見舞うが、鵜澤が左ミドルから、またも左のパンチを何度も打ち付けていき、大石がよろけたところで、レフェリーが試合をストップした。

 勝利した、鵜澤は「俺は女が大好きなんで、バンタムのKrushのトーナメントがちょっと前に決まって萎えていたんですけど、優勝したんで1週間ぐらい女遊びしようかと思ってます。KHAOSガールズと食事会をしたい」との“夢”を明かした。

ラウンドガールの藤井マリー(左)、水瀬琴音(左から2番目)芹沢まりな(右)と食事会の権利をゲットした鵜澤

 さらに「俺はまだまだここで終わらないし、まだまだ強くなっているので、練習をもっともっとやって、皆さんにまた試合を見てもらえたらと思います。コロナでこれだけの人が応援に駆けつけてくれて、俺の周りの人も高いチケットを勝って来てくれて、応援してくれた人たちに勝つ姿を見せられてよかったです。これからも俺を信じてついてきてくれたら嬉しい」と、力強く話した。

●編集部オススメ

・【KHAOS】”夢が叶う”がテーマのトーナメントを男女で開催、選手のモチベーションアップに

・K-1グループ『KHAOS』で初ラウンドガール、水瀬琴音「迫力満点でとっても感動!」

・【K-1】芦澤竜誠、アンチとの特別マッチ決定!応募フォームには「どこが嫌いかご記入ください」

・【グラビア】元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

・【KHAOS】新ラウンドガールに「恵比寿マスカッツ」メンバーら、人気RQ3名が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧