TOP > 試合結果 一覧

”筋肉アイドル”才木玲佳、フィジーク全国大会で準優勝「悔しいけど、やり切った」

2020/11/29(日)UP

ウーマンズフィジークで最後の2人に残った才木玲佳(左)だったが、ベテラン清水恵理子(右)に敗退した。

 コロナ禍で、日本のボディビル、フィジーク界を代表する団体であるJBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)の全日本選手権などの大きな大会が中止となる中、今年の日本一の筋肉美を競う筋肉の祭典「ゴールドジム ジャパンカップ」が11月29日(日)に品川区立総合区民会館(きゅりあん)にて開催された。

 この大会はゴールドジムが後援する筋肉コンテストの登竜門である「マッスルゲート」の全国5都市の各部門(ボディフィットネス、メンズフィジーク、ウーマンズフィジーク、ビキニ、ボディビル)の優勝者が出場するほか、ゴールドジムの一般会員ならJBBFのボディビルコンテストなどのトップ選手が参加可能という、まさに新人王vsベテラン選手が対決する全国大会となった。

今回も切れた背中の筋肉と引き締まったヒップを披露した才木玲佳

 東京大会のウーマンズフィジークで優勝した筋肉アイドルで女子プロレスラーの才木玲佳(28)が参戦。ウーマンズフィジークの部には8人の選りすぐりの選手が参加し、ポージングで6名に削られた。そして勝ち残った才木は次にフリーポーズで自身のプロレスの入場曲である「Ready Go!!!!!」に合わせポージングしながら笑顔で舞った。先週のこんてすとより、よりさらに動きにキレと滑らかさが増した才木。筋肉だけでなく、フリーポーズでの優雅さ、女性らしさなども求められる。

 結果発表は6位から順次呼ばれていく。そして残りは3人、才木の他に14年のボディビル日本選手権2位で、19年日本クラス別女子フィジーク158cm以下級2位の清水恵理子と、昨年の2019東日本女子フィジーク選手権オーバーオール優勝の沼田初恵だった。

フリーポーズで可愛くポージングする才木

 3位は沼田の名が呼ばれ、残るは才木と清水。ステージ中央でポージングする2人、そして2位に発表で才木の名が呼ばれ、優勝はボディビルダー級の筋肉を持つ清水恵理子となった。
 優勝した清水は今大会の全ての競技部門の中から女子MVP選手に輝いた。

 才木は昨年、プロレスの試合でアゴを骨折し、現在、長期欠場中だが、プロレスができない今だからこそ挑戦しようと、今年に入ってフィジークに向けたトレーニングとポージングの練習をした。

左から2位の才木、優勝の清水、3位の沼田

 準優勝の結果に才木はSNSで「ゴールドジムジャパンカップ、準優勝でした!優勝できなかったのは悔しいけど、初挑戦にしては良い結果!やり切ったし、悔いはありません!沢山の応援ありがとうございました」と発信。
 今後はプロレスに戻ると思われるが、フィジーク界でも逸材なだけに更に上を目指してほしいとの声もある。筋肉アイドルとして本格的な成績を残した才木、今後の動向にも期待したい。

●編集部オススメ

・筋肉アイドル才木玲佳、美ボディコンテスト初出場で優勝、全国大会進出

・【K-1】現役アイドル才木玲佳が試合に挑戦(ラウンドガール写真16枚)

・元ラウンドガールの黒咲さんが一転、筋肉系ビキニコンテストで大活躍の理由とは

・“最強美ボディOL”安井友梨が自宅トレ公開「少しでも元気をお届けできたら」

・人気グラドル犬童美乃梨、美ボディコンテスト「サマー・スタイル・アワード」2冠達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧