TOP > 試合結果 一覧

【柔道】阿部一二三が24分の激闘に大内刈りで”技有り”東京五輪内定(動画あり)

2020/12/13(日)UP

阿部一二三が8度目丸山との対決を制し東京五輪内定(写真は昨年の世界柔道での丸山戦)

 12月13日(日)、東京・講道館にて「東京2020オリンピック柔道男子66kg級日本代表内定選手決定戦」が行われた。

 東京2020オリンピックの柔道男子66kg級日本代表内定の1枠を巡って柔道史上初となるワンマッチを行うのは、丸山城志郎 (27=ミキハウス)と阿部一二三 (23=パーク24)。阿部と丸山はこrまで7度対戦。4勝が丸山とリードしている。8度目の対戦を制すのはどちらか。

 試合では、本戦序盤から阿部が積極的に背負い、袖釣り込み腰などの技をかけていく。キレのある阿部だったが、うまく技を切ってかけさせない丸山。丸山は技は少なめだったものの阿部が出てきたところに内股や返し技なども仕掛ける。

 本戦4分では決着がつかず、延長戦に突入。

 延長戦では、丸山は昨年の世界柔道で阿部を破った巴投げなども出すが、阿部はしっかり潰し防ぐ。決め手がないまま、お互いに指導が2つつき、後1つの指導でどちらかが勝利となるところだった。延長も20分が過ぎたところで最後は阿部の大内刈り、丸山が背中をつかないように粘ったが、阿部が投げ切って勝利した。

 東京五輪の日本代表内定が決まった阿部は、24分間に及んだ死闘を振り返り「気持ちと気持ちのぶつかり合いだと思っていた。自分の柔道が最後まで出せた」とコメント。そして「僕の夢はオリンピックで優勝すること、それが支えてくれた方々への恩返しになる。内定してスタートラインに立てたので少しずつでも恩返ししたい」と述べた。
 また、先に東京五輪出場が内定していた妹の阿部詩に「やっと『2人で五輪の金メダル獲ろう』とハッキリ言えるようになった」と喜びを語った。

▶︎次のページは阿部が大内刈りで丸山を投げた動画

●編集部オススメ

・【世界柔道】阿部一二三、丸山城志郎に技ありを奪われ3位に。兄妹優勝ならず

・【柔道】阿部詩が道衣を脱ぎタンクトップ姿で表紙に、モデル&柔道家ビロディドも絶賛

・【世界柔道】”モデルでも注目” 世界連覇の18歳ビロディド、次は夢の東京五輪へ

・【UFC】ギャビ・ガルシアを破った“美しき柔術世界王者”ダーンが3連勝、顔面流血もジャンジロバとの打撃戦を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧