TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】最終戦で日菜太敗れる、海人が判定でREBELS王座獲得、老沼は白幡にリベンジ許す

2021/02/28(日)UP

重森が潘を下しKNOCK OUTへ弾みをつけた

▼セミファイナル(第5試合)ライト級/REDルール/3分3R・延長1R
●潘 隆成(クロスポイント吉祥寺)
延長判定0-3 ※三者とも9-10
○重森陽太(伊原道場稲城支部)
※本戦は判定1-1(※28-30、29-28、29-29)

重森の伸びる蹴り

 潘は元WPMF日本スーパーライト級王者の肩書きを持つレベルスの次世代エース。強烈なローキックを積み重ね逆転を果たすスタイルから“涙のローキッカー”の異名を持つ。昨年9月にはWKBA世界スーパーライト級王者・勝次と対戦し、高度な技術で完封勝利を勝ち取った。

 対する重森は新日本キックボクシング協会が誇るトップファイター。新日本二階級制覇を果たし、WKBA世界ライト級の王座も手にしている。蹴りをガードした相手の腕を折る威力からついたあだ名は”神撃キッカー”。レベルス最終戦で勝利し、新生KNOCK OUTへ弾みをつけられるか。

 1R、開始早々、重森の強烈な左前蹴りで潘が大きくバランスを崩す。潘はコツコツと右ロー。重森は左右ミドルを強振し前進し、潘はジャブからローとコンビネーションで押し戻す。

潘のアッパーが重森のリズムを崩す

 2R、重森が強烈な右ミドル、フェイントからの左ロー。潘は右の蹴りをロー、ミドルと上下に散らす。両者ローからミドルへつなげる蹴り合いの中、重森の重い右ミドルで会場に快音が響く。潘はコツコツとローから右ミドル、右ストレートと蹴り主体のコンビネーションをつなぐ。

 3R、重森の右ミドルに潘がパンチを合わせる。潘の右ストレート、左フックが浅く重森へヒット。至近距離ではアッパーを織り交ぜ、重森のリズムを崩す。重森はジャブからつなぐ左右ミドルを軸にローを散らし、蹴りで応戦。両者手数を止めないまま試合終了のゴングが鳴る。

 一進一退の攻防は、ジャッジが三者三様の判定。延長戦へ突入する。

試合終了直前にヒットした重森の右

 延長R、潘の入り際に左ロー、打ち終わりに右ミドルを合わせる重森。潘はパンチからロー、ローからパンチとコンビネーションで応戦する。潘の右フックが重森の顔面をとらえるも重森は右ミドルをしっかり返し打たれて終わらない。ラウンド終盤には重森も長い右ストレートでを繰り出し潘にプレッシャーを与える。ゴングと同時に重森の右ストレートがヒットし潘がバランスを崩したところでレフェリーが割って入り、試合終了。

 延長ラウンドは重森の蹴りをジャッジ三者が評価し、重森が判定勝利。イケメン対決を制し、重森がKNOCK OUTへ弾みをつけた。

●編集部オススメ

・10年を締めくくる日菜太「日本最強を証明」対する海人も「倒して世界へ行く」=前日計量

・レベルス最終戦に皇治と山口代表が惜別のファイト、そして10カウントゴング

・潘隆成と重森陽太が計量パス、和やかなムードも「お客さんが引くような試合を」(重森)=前日計量

・キックイベント『REBELS』が10年の歴史に幕、『KNOCK OUT』に統合

・レベルス最終試合で山口元気代表vs皇治のエキシが決定、皇治「グローブは12.5オンスで」と自虐=2.28後楽園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧