TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】最終戦で日菜太敗れる、海人が判定でREBELS王座獲得、老沼は白幡にリベンジ許す

2021/02/28(日)UP

海人が日菜太に競り勝ちREBELS王座を奪取

株式会社 Def Fellow KNOCK OUT・REBELSプロモーション
『REBELS ~The FINAL~』
2021年2月28日(日)東京・後楽園ホール

▼【無法島presents】ダブルメインイベント第2試合(第7試合)REBELS-BLACKスーパーウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●日菜太(クロスポイント吉祥寺/王者)
判定0-2 ※28-30、29-29、28-29
○海人(TEAM F.O.D/挑戦者)
※海人が王座を獲得

日菜太の伝家の宝刀・左ミドル

 日菜太は左ミドルを武器に日本70kg級のエースとして君臨。昨年9月には通算70戦目にあたる田村聖戦を持ち味の蹴り技で圧倒し、対日本人無敗を継続。日本最強の称号を盤石としている。レベルスへは2011年1月以来、10年を通じ参戦。さらなる飛躍を見据え、レベルス最終戦のメインイベントを迎える。

 対する海人は押しも押されぬシュートボクシングの絶対的エース。国内外の強豪と積極的に拳を合わせてきた。昨年8月のRIZINで自身の階級より5kg以上重い契約体重で元MMA王者ロクク・ダリに判定勝ち、10月のRISEでは70kg契約で緑川創に判定勝ち、11月には喜多村誠を右ハイキックでKOし、70kg超級を主戦場としている。

 1R、開始早々、海人が強烈な右ミドル。続く日菜太の左の蹴りに合わせ、海人が右を蹴り返す。スピードのある海人の右ローが日菜太の内ももにヒットも、打ち終わりに日菜太がワンツーを返してヒット。至近距離では左ボディを海人にたたき込み、海人も密着して左ボディを打ち込む互角の攻防を見せる。

 2R、日菜太がフェイントから左ボディストレートを伸ばす。海人はコツコツと右ローを日菜太の前足にヒット。日菜太の右ハイはしっかりガードし、日菜太も海人のパンチ連打をガードでやり過ごす。日菜太の左ミドルがヒットも海人はすぐにパンチを返し、打たれっぱなしにしない。スピードのある前蹴り、右ハイで日菜太は思うように前に出られないか。

試合終了後、日菜太は海人に声をかけた

 3R、開始直後のパンチの交換からプレッシャーを強める日菜太。ワンツーの打ち合いから、日菜太が左ミドルを追加。やや疲れが見える海人から組むシーンが増える。海人は組むとヒザを突き上げ、日菜太は至近距離で左ボディ。明確なクリーンヒットを許さない攻防のまま試合終了のゴングを迎えた。

 緊張の判定は、ジャッジは1者がドローとしたが、2者が海人の勝利を支持。この瞬間、日菜太の日本人無敗は途絶え、新王者・海人が誕生した。

海人の腰にREBELSのベルトが輝く

 腰にベルトを巻いた海人はマイクを握ると「レベルスの最後の大会でタイトルマッチを出来たことを光栄に思います」と挨拶。判定後に日菜太と交わした言葉について「これから世界に行ってきてくれとバトンを渡された」と告げ、最後に「世界のてっぺんに立ちます。皆さんの力も必要です。皆さん一緒に世界に行って下さい」とファンと共に世界へ挑む姿勢を見せた。


・レベルス最終戦に皇治と山口代表が惜別のファイト、そして10カウントゴング

レベルス最終戦に皇治と山口代表が惜別のファイト、そして10カウントゴング

 このダブルメインイベントが終了後、レベルス最後の記念セレモニーとしてREBELSとKNOCK OUTの運営会社の代表である山口元気(50)vs皇治(31=TEAM ONE)のエキシビションマッチが行われた。
 このエキシでは山口代表が皇治の攻撃に耐えながらも現役時代の黄金のミドルキックを出すなど健闘、終了後「10年間蓄えてきたものがノックアウトで開花すると思います。レベルスが地盤となって新しいノックアウトとなり楽しんでいけるよう僕も頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」とリングで挨拶し、山口代表の10カウントゴングが鳴らされた。

☆このエキシビションと記念セレモニーの詳細レポートはこちら

●編集部オススメ

・10年を締めくくる日菜太「日本最強を証明」対する海人も「倒して世界へ行く」=前日計量

・レベルス最終戦に皇治と山口代表が惜別のファイト、そして10カウントゴング

・潘隆成と重森陽太が計量パス、和やかなムードも「お客さんが引くような試合を」(重森)=前日計量

・キックイベント『REBELS』が10年の歴史に幕、『KNOCK OUT』に統合

・レベルス最終試合で山口元気代表vs皇治のエキシが決定、皇治「グローブは12.5オンスで」と自虐=2.28後楽園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧