TOP > 試合結果 一覧

【BOM】朝陽が伏兵PONちゃんに苦戦も判定勝利、名高は左ヒジ一撃で貫禄の初回KO=4.11第1部

2021/04/11(日)UP

ベテランNOBUがKJを切り裂きTKO勝利

▼第7試合 BOMスーパーライト級(63kg)王座決定トーナメント3分3R(延長あり)(肘あり)
●KJヒロシ(Y’ZD 豊見城ジム)
TKO 2R2分6秒 ※右ヒジ→ドクターストップ
○NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)

 KJは沖縄を主戦場とするファイター。17戦して9勝、そのうち8つをKO勝利するハードパンチャー。昨年11月には晃希を下しDBSとRKAの二冠を手にしている。

 対するNOBUは元WPMF世界スーパーライト級暫定王者の肩書きを持つ実力者。地元大分の「KODO」で活躍する一方、豊富なタイ人との対戦経験を持ち、タイのテレビマッチ「MAXムエタイ」で名を売った経験も持つ。

NOBUのヒジで出血したKJ

 1R、KJの右ローにNOBUがパンチを合わせる。左右ストレートで前進するNOBUにKJは縦ヒジ。蹴りとパンチを織り交ぜるNOBUは、ラウンド終了直前にロープを背負ったKJに右縦ヒジをヒット。KJの左頭部をカットする。

 2R、雄叫びを上げながらヒジを振り回すKJ。NOBUは右ミドルからワンツー。ロープを背負ったKJに横薙ぎの右ヒジを叩きつける。ガードを固めるKJだが、時間経過と共に傷から大きく出血。ドクターチェックも一度は再開となったが、2度目にはドクターが首を横に振りストップ。NOBUが貫禄のTKO勝利を収めトーナメント決勝進出を決めた。

▶︎次ページは、その他の試合結果

●編集部オススメ

・王者・吉成名高、石井一成のタイ人相手がコロナで入国できず、急遽変更

・石井一成のWBCムエタイ世界スーパーフライ級王座挑戦が決定、梅野源治がキヨソンセンとのリベンジマッチに挑む=4.11第2部

・吉成名高がWBCムエタイ世界フライ級王座に挑戦、竜哉、HIROYUKIら参戦決定=4.11第1部

・スアキム返上の王座トーナメントに健太が参戦、スアキムは引退説を否定

・【キック】美筋グラドル犬童美乃梨、ぱんちゃん璃奈相手に“人生初スパーリング”「頭使うけど楽しかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧