TOP > ニュース 一覧

【BOM】石井一成のWBCムエタイ世界スーパーフライ級王座挑戦が決定、梅野源治がキヨソンセンとのリベンジマッチに挑む=4.11第2部

2021/03/06(土)UP

石井一成が4本目の世界ノベルトに挑戦

 4月11日(日)横浜大さん橋ホールにて開催される『BOM WAVE04 – Get Over The COVID-19 -』の対戦カードが発表された。本大会は2部制にて行われる。

 第2部のメインイベントはWBCムエタイ世界 スーパーフライ級(52.16kg)王者決定戦。石井一成(ウォー・ワンチャイ プロモーション)がPetchsila wor.auracha(Wor.Auracha) と王座を争う。

 石井は福岡に拠点を置きアマチュアで14冠を達成してプロデビュー。”西の神童”と評されるスピードのあるパンチや鋭いローキックを武器に日本、タイを股にかけ活躍。
 IBFムエタイ世界フライ級王座、WPMF世界フライ級王座、初代KNOCK OUTフライ級王座など国内外の様々なタイトルを獲得している。昨年6月のBOMではHIROYUKIとBOMスーパーフライ級王座を争い、ダウンを奪う快勝で王座を奪取。同12月には片島聡志が持つWPMF世界スーパーフライ級王座を奪い、3つ目となる世界王座を手にした。
 対するPetchsilaは過去最強クラスとうたわれるタイ強豪。石井はPetchsilaを撃破し、4本目となる世界王座を奪取なるか。

石井一成の左ハイキック

“日本ムエタイ界の至宝”梅野源治(PHOENIX)がBOMに帰還。キヨソンセン ・フライスカイジム(FLYSKY GYM) とのリベンジマッチに臨む。

 梅野とキヨソンセンは昨年12月のBOMで対戦。梅野有利の下馬評の中、左の蹴りを駆使する梅野へキヨソンセンが左ヒジでカットを奪う。焦る梅野へキヨソンセンが再びヒジをヒットし、大きく膨れ上がる梅野の右額。リードを守ったキヨソンセンが元ラジャダムナン王者を撃破するアップセットを引き起こした。

梅野がキヨソンセンとのリベンジマッチ

 梅野は今年2月のRISEに参戦し、ノラシン・スペチアーレジムからダウンを奪い判定勝利。キヨソンセンへのリベンジへ弾みをつける快勝を見せている。梅野がリベンジを果たすか、キヨソンセンが毒針エルボーで返り討ちに果たすか。

 BOMバンタム級(53.52kg)王座決定トーナメントもいよいよ大詰め。カイト・ウォー・ワンチャイ(ウォー・ワンチャイ プロモーション)と大﨑孔稀(大石ジム) による決勝戦が決定した。

 カイト(福田海斗)はムエタイの本場・タイのリングで活躍を続け、現在はラジャダムナンスタジアムバンタム級のランカーとなっている。元WPMF世界フライ級王者の他、プロムエタイ協会や、テレビマッチのTrue4Uの2階級でもベルトを巻いている一流ファイター。昨年10月のトーナメント1回戦ではユット・ZERO(ZERO)からカットを奪い、3RTKO勝利で決勝へ進出した。

昨年12月、梅野はキヨソンセンのヒジでカットを奪われ判定負け

 対する大﨑は名古屋が誇る大﨑兄弟の弟。強烈なパンチと緻密なテクニックを併せ持ち、WMCスーパーフライ級、J-NETWORKスーパーフライ級と2本のベルトを手にしている。昨年12月にサンチャイ・TEPPEN GYM(TEPPEN GYM)を下し、トーナメント決勝への切符を手にした。

 これら3試合を含み、第2部は全12試合が決定している。

<決定対戦カード>
▼WBCムエタイ 世界 スーパーフライ級(52.16kg)王者決定戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
石井一成(ウォー・ワンチャイ プロモーション)
vs
Petchsila wor.auracha(Wor.Auracha)

▼BOM ライト級(61.23kg)タイトルマッチ 3分5R (延長なし)(肘あり)
梅野源治(PHOENIX)
vs
キヨソンセン ・フライスカイジム(FLYSKY GYM)

▼BOM バンタム級(53.52kg)王座決定トーナメント 決勝戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
カイト・ウォー・ワンチャイ(ウォー・ワンチャイ プロモーション)
vs
大崎孔稀(大石ジム)

▼IMC インターコンチネンタル スーパーウェルター級(69.85kg) 王座決定戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
柿沼 慶(ポゴナクラブ)
vs
プライチュンポン(GTジム)

▼BOMミドル級(72.50kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
松島勲也(MSJキックボクシングジム)
vs
J(TSK japan)

▼BOMミドル級(72.50kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム)
vs
大輝・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)

▼WMC インターコンチネンタル ウエルター級(66.68kg)王者決定戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
誠(レンジャージム)
vs
滝口幸成(チーム滝口)

▼WMC ウェルター級(66.68kg) 3分3R (延長なし)(肘あり)
KAZU(GT GYM)
vs
YOUTA(WSR西川口)

▼WMC スーパーフェザー級(58.97kg)次期挑戦者決定戦  3分3R (延長あり)(肘あり)
堀口貴博(WSR三ノ輪)
vs
加藤雅也(TSK JAPAN)

▼WMC 日本ライトフライ級(49.00kg)王座決定トーナメント 1回戦 3分3R (延長あり)(肘あり)
天馬(WSR西川口)
vs
阿部秀虎(鷹虎ジム)

▼WMC 日本ライト級次期挑戦者決定戦(61.23kg)契約 3分3R(延長あり)(肘あり)
羅向(ZERO)
vs
真吾(レンジャージム)

▼WMC 日本 スーパーバンタム級(55.34kg) 3分3R(延長なし)(肘あり)
九十田真悟(GTジム)
vs
GANG-G(ゴリラジム)

●編集部オススメ

・【ONE】RIZIN無差別級T準優勝・アミル・アリアックバリが“114秒”衝撃のKO負け、デビュー戦は大の字ダウンで轟沈

・梅野源治がヒジで額を割られ大流血、タイの毒針エルボーに敗れる=2020年12月

・【RISE】原口健飛が次期RISEエース宣言!「天心君がいなくなったあとは任せて欲しい」

・アントニオ猪木が闘病中のリハビリ姿を公開「元気ですかー!と言えるように頑張る」

・【DEEP JEWELS】“美ボディ戦士”ケイト・ロータスが黒ビキニで計量パス「明日は沸かせる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧